『「いかがわしさ」の精神療法』の詳細情報

「いかがわしさ」の精神療法
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「いかがわしさ」の精神療法
サブタイトル
著者 [著者区分]春日武彦 [著・文・その他]
出版社 日本評論社 レーベル
本体価格
(予定)
1600円 シリーズ
ページ数 Cコード 3047
発売予定日 2012-07-13 ジャンル 専門/単行本/医学・歯学・薬学
ISBN 9784535983786 判型 46
内容紹介
精神科臨床はどこかいかがわしさがつきまとう。だが、それこそが治療の極意となる──場合もある。春日流・精神科臨床のススメ。
目次
第1章 些細なことと下世話なこと──診療の工夫について
第2章 医者のホンネ
第3章 「カウンセリングもどき」のこと
第4章 ふたつの経験──「叱る」というテーマに寄せて
第5章 臨床現場で出会う「キレる」人々
第6章 精神分裂病の名称変更──2002年における考察
第7章 受診しない精神疾患患者
第8章 精神科医の守備範囲──地域精神医療の観点から
第9章 妄想内容の変遷―統合失調症と妄想
第10章 統合失調症と家族への支援
第11章 親と子を鬱屈させる家庭内パワーゲーム
第12章 「だらしなさ」の背景にあるもの
第13章 多重人格はなぜ人を魅了するか
第14章 中年と犯罪
第15章 「大人になる」ってなんだろう
著者略歴(春日武彦)
精神科医・成仁病院
他の書籍を検索する