『日本一わかりやすい HRテクノロジー活用の教科書』の詳細情報

日本一わかりやすい HRテクノロジー活用の教科書
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本一わかりやすい HRテクノロジー活用の教科書
サブタイトル
著者 [著者区分]榊 裕葵 [著・文・その他]
出版社 日本法令 レーベル
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 2034
発売予定日 2019-04-18 ジャンル 実用/単行本/経営
ISBN 9784539726679 判型 A5
内容紹介
本書は、企業の現場において具体的にHRテクノロジーを活用するための、初めての実務書。
企業の人事労務業務担当者や社会保険労務士を対象に、
IT関連は苦手という方でもわかりやすいよう、可能な限り専門用語を使わず、
日常用語での平易な言葉を使って、HRテクノロジーとはどんなものか、
具体的にどのようなサービスがあるかを紹介。
また、HRテクノロジーの主なサービスを実際に利活用する際の、
初期設定や定型業務の進め方だけでなく、
導入時につまずきやすい自社の仕事の進め方との調整の仕方、
サービスで賄われていない部分の補い方も解説。
担当者と顧問社労士のそれぞれに1冊ずつ持っていてほしい「HRテクノロジーのトリセツ」。


第1章 HRテクノロジーの定義と全体像
第2章 HRテクノロジーの各論
第3章 HRテクノロジーの具体例
第4章 HRテクノロジー活用編
第5章 HRテクノロジーと社労士
第6章 RPAとHRテクノロジーの関係
第7章 HRテクノロジーでプラチナ企業へ
第8章 HRテクノロジーを「働き方改革」の礎に
目次
第1章 HRテクノロジーの定義と全体像
第2章 HRテクノロジーの各論
第3章 HRテクノロジーの具体例
第4章 HRテクノロジー活用編
第5章 HRテクノロジーと社労士
第6章 RPAとHRテクノロジーの関係
第7章 HRテクノロジーでプラチナ企業へ
第8章 HRテクノロジーを「働き方改革」の礎に
他の書籍を検索する