『バルザックと19世紀パリの食卓』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル バルザックと19世紀パリの食卓
サブタイトル
著者 [著者区分]■アンカ・ミュルシュタイン [著・文・その他]
■アンカ・ミュルスタン [著・文・その他]
■塩谷 祐人 [翻訳]
出版社 白水社 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 210p Cコード 0022
発売予定日 2013-01-25 ジャンル 一般/単行本/外国歴史
ISBN 9784560082638 判型 46
内容紹介
パリが美食の中心となっていった19世紀、大食漢で知られるバルザックの小説の食の場面を通して、当時の社会・風俗をよみとく。
目次
著者略歴(アンカ・ミュルシュタイン)
歴史家、伝記作家。1935年パリ生まれ。19世紀の作家アストルフ・ド・キュスティーヌの伝記で、1996年にゴンクール伝記賞を受賞。代表作に「モスクワのナポレオン」「プルーストの書斎」など。
著者略歴(アンカ・ミュルスタン)
歴史家、伝記作家。1935年パリ生まれ。19世紀の作家アストルフ・ド・キュスティーヌの伝記で、1996年にゴンクール伝記賞を受賞。代表作に「モスクワのナポレオン」「プルーストの書斎」など。
他の書籍を検索する