『ホッキョクグマ ~北極の象徴の文化史;ホッキョクノショウチョウノブンカシ ~ 』の詳細情報

ホッキョクグマ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ホッキョクグマ
サブタイトル 北極の象徴の文化史;ホッキョクノショウチョウノブンカシ
著者 [著者区分]■マイケル・エンゲルハード [著・文・その他]
■ミヒャエル・エンゲルハルト [著・文・その他]
■山川 純子 [翻訳]
出版社 白水社 レーベル
本体価格
(予定)
12000円 シリーズ
ページ数 345p Cコード 0040
発売予定日 2020-08-03 ジャンル 一般/単行本/自然科学総記
ISBN 9784560097465 判型 A4変形
内容紹介
極北のカリスマの過去・現在・未来

 先史時代から現在に至る8000年の歴史を通じて、この白く美しいカリスマ的な野獣に私たちが抱くイメージや観念がどのように成り立ち、変遷してきたかを辿る一大文化史。
 冒頭の章では、人類史における彼らの存在の歴史と、北極の気候に適応した生態について概観する。第二章では、ベルリン動物園で生まれ、人工哺育されたクヌートの短い生涯を辿り、彼の存在が私たちに問いかけるものについて考察する。
 続く章では、先住民族に伝わる神話や伝説、狩猟などの文化を扱う。神聖な存在としても狩りの獲物としても先住民たちがホッキョクグマを尊んできたのに対し、非先住民は狩るか狩られるかの関係でのみ彼らを捉え、交易品、戦利品、あるいは見世物としての価値を付与してきた。
 他にも、「白い熊」についての最古の記述が「日本書紀」であること、北極探検、サーカスや動物園における彼らの数奇な歴史、近年ますます人気を集める野生観察ツアーの問題点、さらにはホッキョクグマ肉の味、剝製作りまで、多様な切り口が用意されている。私たちを魅了してやまない彼らの本来の姿を知り、未来を考えるための必読書。図版175点。
目次
著者略歴(マイケル・エンゲルハード)
ドイツ生まれ。1989年ベルリンの壁崩壊の数か月前に国を離れ、アラスカ大学フェアバンクス校で人類学の修士号を取得。アラスカでエコツアーガイドと執筆活動に従事する。野生をテーマとする著書多数。
著者略歴(ミヒャエル・エンゲルハルト)
ドイツ生まれ。1989年ベルリンの壁崩壊の数か月前に国を離れ、アラスカ大学フェアバンクス校で人類学の修士号を取得。アラスカでエコツアーガイドと執筆活動に従事する。野生をテーマとする著書多数。
著者略歴(山川 純子)
名古屋に生まれ、鎌倉で育つ。慶應義塾大学文学部国史および美学美術史専攻、アリゾナ大学美術史(写真史)修士課程修了。訳書にB・アイゼンシュタイン『わたしはホロコーストから生まれた』(原書房)、M・O・フィッツジェラルドほか『インディアン・スピリット』(めるくまーる)、B・ブルンナー『月』、H・マクドナルド『オはオオタカのオ』(以上、白水社)、共訳書にV・ポマレッド編『ルーヴル美術館 収蔵絵画のすべて』(ディスカヴァー)、S・キャヴァリア『世界アニメーション歴史事典』(ゆまに書房)。美術展図録等の翻訳多数。
他の書籍を検索する