『古代史「謎解き」入門』の詳細情報

古代史「謎解き」入門
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 古代史「謎解き」入門
サブタイトル
著者 [著者区分]関 裕二 [著・文・その他]
出版社 PHP研究所 レーベル PHP文庫
本体価格
(予定)
780円 シリーズ
ページ数 288p Cコード 0130
発売予定日 2020-02-06 ジャンル 一般/文庫/社会科学総記
ISBN 9784569768861 判型 文庫(A6)
内容紹介
『日本書紀』の中には、まだ謎と秘密がいっぱい眠っている!

著者の古代史は、大胆な推理、緻密な分析、ユニークな視点が特徴で、多くのファンに親しまれている。本書は、古代史の入門者に向けて、著者独自の謎解きのノウハウを余すところなく解説した古代史エッセイ。

内容は、◎なぜ誰もが蘇我氏の地・飛鳥を懐かしんだのか ◎『古事記』だけ読んでも古代史の謎は解けない ◎武烈天皇の非道と継体天皇の出現 ◎『日本書紀』は何のために書かれたのか? ◎纏向遺跡にも確認された東国の存在感 ◎謎がないと信じられている時代に謎がある ◎聖武天皇がなぜ豹変したのか、自分で仮説を立ててみる ◎表裏一体だった「鬼」と「神」 ◎伊勢神宮や新道は本当に「日本的」なのか ◎『日本書紀』には「聖徳太子」は登場しない ◎神社の伝承に記されたヤマト建国直後の政争と結末……など、興味が尽きない話題を通覧する一冊。

『古代史は知的冒険』を改題し、再編集。
目次
著者略歴(関 裕二)
歴史作家
他の書籍を検索する