『「本音で話す」は武器になる』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「本音で話す」は武器になる
サブタイトル
著者 [著者区分]角田 陽一郎 [著・文・その他]
出版社 PHP研究所 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 206p Cコード 0030
発売予定日 2019-08-29 ジャンル 一般/単行本/社会科学総記
ISBN 9784569841762 判型 B6
内容紹介
「上司の意見に異議を唱えたいが、言い出しづらい」「斬新な企画を思いついたが、会議で反対意見が出そうだから提案するのを躊躇している」「部下のふるまいを注意したいが、やる気をなくされたり、パワハラと受け取られたりすると困る」……。本当であれば「間違ってると思います」「私はこう考えます」「気をつけなさい」とはっきり言いたいところ。でも、のどまで出かかったその本音を引っ込めてしまうことはないだろうか?
日本の社会ではこれまで、「本音」を言うことはよしとされず、「建前」中心で動いてきた。だが、そのような風潮に対して、著者は真っ向から異議を唱える。
著者の主張は、「本音を言ったほうが、結局のところ仕事がうまくいき、生産性も上がる」「本音を言いながら日々をすごしたほうが、明らかに有意義な人生を送れる」というもの。
本書では、言いにくい本音を言いやすくするための心構え、環境づくり、言葉の選び方などを、自身の経験談を交えながら解説する。
目次
著者略歴(角田 陽一郎)
バラエティプロデューサー
他の書籍を検索する