『島を救ったキッチン シェフの災害支援日記 in ハリケーン被災地・プエルトリコ』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 島を救ったキッチン シェフの災害支援日記 in ハリケーン被災地・プエルトリコ
サブタイトル
著者 [著者区分]■ホセ・アンドレス [著・文・その他]
■リチャード・ウルフ [著・文・その他]
■リチャード・ウルフィー [著・文・その他]
出版社 双葉社 レーベル
本体価格
(予定)
1900円 シリーズ
ページ数 336p Cコード 0095
発売予定日 2019-12-17 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784575315134 判型 46
内容紹介
2017年9月に史上最大級のハリケーン「マリア」で壊滅的な被害を受けたカリブ海の島・米国領プエルトリコ。その惨状に心を痛め食料支援に向かった人気シェフ・ホセが見たのは、復旧や支援物資の配給が遅々として進まず、電気も水も、そして食料も断たれて困り果てる熱帯の島の人々の姿だった。コネと前例でガチガチになり非効率な支援を続ける政府機関、「やってますアピール」に必死な首長、そして自分のこと以外に無関心な大統領――「人災」の拡大する島で、レストラン経営で培った段取りや調達のノウハウを生かして一人でも多くの人に冷たい非常食ではなく「温かい、人の作った食事」をふるまおうと奮闘し、最終的には約300万食を支援したホセ。本書はその、ダイハードかつパワフルな奮闘記である。
目次
他の書籍を検索する