『里山ほっこり恋愛日和 ~銀狐とこじらせ花嫁~』の詳細情報

里山ほっこり恋愛日和 ~銀狐とこじらせ花嫁~
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 里山ほっこり恋愛日和 ~銀狐とこじらせ花嫁~
サブタイトル
著者 [著者区分]■北沢 きょう [イラスト]
■安曇 ひかる [著・文・その他]
出版社 二見書房 レーベル
本体価格
(予定)
619円 シリーズ シャレード文庫
ページ数 256p Cコード 0193
発売予定日 2019-06-24 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784576191058 判型 文庫(A6)
内容紹介
お前が可愛いから悪い

里山で人生諸々こじらせてしまった蔓細工職人の高千穂紫央、30歳(フリー)。
ひょんなことから銀の毛並みを持つ妖狐・銀黎を召喚したことから…?

里山に籠もり、妖ハムスター二匹と暮らす蔓細工職人の高千穂紫央。
少女漫画的妄想を特技とする三十路の乾いた日常は、誤召喚してしまった銀狐・銀黎によって一変する。
ルックスは好みのど真ん中、神さまの粋なはからい!? 
思わずときめいてしまう紫央の前で、銀黎は妖ながら現代に適応したハイスペックぶりを披露していく。
ネット通販、車の運転、プロ並の料理の腕前。なのに紫央の年上の友人には妙な対抗をしたりと、不遜な態度もどこか憎めない。
真っ直ぐぶつかってくる銀黎に、どんどん惹かれていく紫央だったが…。
目次
著者略歴(北沢 きょう)
ILLUSTRATION
北沢きょう Kyo Kitazawa
小説を読みながら何度かあの昆布食べたいなぁと思いました…!
著者略歴(安曇 ひかる)
安曇ひかる Hikaru Azumi
整体に行くたび「こうなっちゃう前に来ないと」とため息つかれます。令和も背中がちがちで突っ走るぜっ!
他の書籍を検索する