『陰富大名 剣客大名 柳生俊平13』の詳細情報

陰富大名 剣客大名 柳生俊平13
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 陰富大名 剣客大名 柳生俊平13
サブタイトル
著者 [著者区分]■安里 英晴 [イラスト]
■麻倉 一矢 [著・文・その他]
出版社 二見書房 レーベル 剣客大名 柳生俊平
本体価格
(予定)
648円 シリーズ 二見時代小説文庫
ページ数 288p Cコード 0193
発売予定日 2019-08-26 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784576191355 判型 文庫(A6)
内容紹介
徳川御三家の水戸藩に、富籤にからむ黒い噂!
将軍から影目付に直命。
三十五万石の財政は火の車。藩主はやっと十歳の幼君。
富籤の感応寺の悪と組んだ勘定奉行らの一派に俊平は、水戸の「婆沙羅若殿」と共闘する!

谷中の感応寺は富籤の寺として名高い。
だが正規の富札は一枚一分、庶民には手が出ない。そこで一枚一文の陰富が人気となる。
御三家の水戸家は財政が火の車。先々代藩主の庶子・小谷鶴之介は、背に竜の踊る派手な紫の羽二重で街をのし歩く「婆沙羅若殿」。
ふとしたことで藩勘定方に「陰富」販売を提案。
将軍から直命された影目付・柳生俊平は、まず水戸の婆沙羅若殿に接近……。


◆ 著者について
麻倉一矢 あさくら・かずや
1947年、兵庫県生まれ。東京大学文学部卒業、コピーライターを経て、『魔宮伝』(角川書店)で作家デビュー。
著書に、『かぶき平八郎荒事始』シリーズ、『上様は用心棒』シリーズ(二見書房)、『やさぐれ大納言』シリーズ(コスミック出版)、
『無外流立志伝』シリーズ(富士見書房)、『将軍の影法師 葵慎之助』(徳間書店)等の人気シリーズがある他、
『豊臣の黄金』、『家康の野望』、『鬼の吉宗』、『一本槍疾風録』(祥伝社)、『小西行長』(光文社)、『後藤又兵衛』(学陽書房)、
『剣王伝』(講談社)、『吉良上野介』(PHP)、『徳川三国志』(徳間書店)等著書多数。


◆ 好評既刊
上様は用心棒 シリーズ 全 2 巻
かぶき平八郎荒事始 シリーズ 全 2 巻
( いずれも二見時代小説文庫 )
目次
第一章 陰富商売 …… 7 
第二章 水戸の若殿 …… 62  
第三章 悪坊主 …… 119  
第四章 幼君の裁き …… 167  
第五章 黄昏の決闘 …… 219
他の書籍を検索する