『評定所留役 秘録5 鷹は死なず』の詳細情報

評定所留役 秘録5 鷹は死なず
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 評定所留役 秘録5 鷹は死なず
サブタイトル
著者 [著者区分]■牧 秀彦 [著・文・その他]
■西 のぼる [イラスト]
出版社 二見書房 レーベル
本体価格
(予定)
658円 シリーズ 二見時代小説文庫
ページ数 344p Cコード 0193
発売予定日 2020-03-26 ジャンル 一般/文庫/日本文学、小説・物語
ISBN 9784576200446 判型 文庫(A6)
内容紹介
将軍家斉から妙な下命――不知火の百蔵を捕らえ、抜け荷の上前を幕府へ。

評定所の父子鷹、結城家に、京の都の剣客姉弟が入った。
品川沖台場の財源を得るべく結城家の一党は一路北へ!
後見の元老中松平定信は?

結城家に剣客姉弟参入! 重版の人気シリーズ第5弾!


将軍家斉から白河十一万石の松平定信に、奇妙な下命がなされた。
抜け荷で巨大な財をなす「不知火の百蔵」を捕らえ、その財を没収し、品川沖の御台場建設の財源となせというのだ。
定信によって白河の郷士から旗本に出世した結城家が、その任を受けた。
半年前に京の都から剣客姉弟を迎えた結城家の一党は、不知火一味を求めて一路北へ。
探索には評定所の川崎八郎も加わって……。


◆ 著者について
牧 秀彦 まき・ひでひこ
1969年東京都生まれ。
好評既刊に「辻番所シリーズ」(光文社文庫刊)、「江戸家老塩谷隼人」「日比野左内一手指南」「松平蒼二郎始末帳」シリーズ(徳間文庫刊)等がある。
完結した作品については、「時代小説作家 牧秀彦 公式Webサイト」著者自らによる解説を掲載。


◆ 好評既刊
神道無念流 練兵館 不殺の剣
孤高の剣聖 林崎重信 全 2 巻
八丁堀 裏十手 全 8 巻 
( いずれも二見時代小説文庫 )
目次
著者略歴(牧 秀彦)
牧 秀彦 まき・ひでひこ
1969年東京都生まれ。
好評既刊に「辻番所シリーズ」(光文社文庫刊)、「江戸家老塩谷隼人」「日比野左内一手指南」「松平蒼二郎始末帳」シリーズ(徳間文庫刊)等がある。
完結した作品については、「時代小説作家 牧秀彦 公式Webサイト」著者自らによる解説を掲載。
他の書籍を検索する