『きっと どこかに』の詳細情報

きっと どこかに
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル きっと どこかに
サブタイトル
著者 [著者区分]■リチャード・ジョーンズ [著・文・その他]
■福本友美子 [翻訳]
出版社 フレーベル館 レーベル
本体価格
(予定)
1400円 シリーズ
ページ数 32p Cコード 8771
発売予定日 2020-08-11 ジャンル 児童/絵本/絵画・彫刻
ISBN 9784577048795 判型
内容紹介
ひとりぼっちのかわいそうな子犬には、帰る場所がありません。
自分のものと言えるのは、首に巻いた赤いスカーフだけ。
ある日、流れる川に落ちた一枚の葉っぱを追いかけ、
子犬は町に迷い込み…。

「きっと どこかにある」と信じて歩みを止めない子犬。
風が吹いても、雨がふっても、あきらめずに進みます。
途中、においにつられて入り込んだカフェでは、
人々に心ない言葉を投げつけられてしまいます。
少し物悲しげな雰囲気が漂いつつも、ラストに向かってお話はゆったりと進みます。
イラストの風合いも相まって、あたたかく心にじんわりと入ってくる内容となっています。

作者のリチャード・ジョーンズの作品は
『ガラスのなかのくじら』(トロイ・ハウエル/共著 あすなろ書房)、『キツネのはじめてのふゆ』(マリオン・デーン・バウアー/作 鈴木出版)、『だいすきライオンさん』(ジム・ヘルモア/作 フレーベル館)など今日本でも注目され邦訳が各出版社より発刊していますが、
今作はリチャード・ジョーンズが作・絵ともに手がけた絵本、初めての邦訳作品です。
居場所をテーマとするこの絵本ですが、教訓めいているわけではなく、
寂しさとぬくもりが共存するイラストと、福本友美子先生によって訳された優しい言葉たちのおかげで
じっくりと味わいたくなるような絵本になっています。

イギリスの人気イラストレーターが描き出す、
アメリカ、フランス、ドイツ、韓国など
世界10か国で出版されている、
イギリスで話題の絵本です!
目次
著者略歴(リチャード・ジョーンズ)
イギリスのデボン州在住のイラストレーター、作家。エクセター中央図書館に10年ほど勤務した後、絵本の絵を描くようになる。海や川で泳ぐこと、森の中を歩くこと、オーディオブックを聞くこと、猫をなでることが好きで、鳥や動物の絵を得意とする。邦訳の作品に『キツネのはじめてのふゆ』(鈴木出版)、『ガラスのなかのくじら』(あすなろ書房)、『だいすきライオンさん』(フレーベル館)など。
著者略歴(福本友美子)
公共図書館勤務を経て、現在は絵本・児童書の翻訳を手がける。訳書に『もっかい!』『いちにちで いいから』『へんてこたまご』『きれいずき』『だいすきライオンさん』『シリルとパット ともだちになろう』(以上、フレーベル館)、『いっしょにおつかい』(岩波書店)、『ジャックのどきどきモンスター』(光村教育図書)など多数。創作絵本に『図書館のふしぎな時間』(たしろちさと絵、玉川大学出版部)がある。
他の書籍を検索する