『高階秀爾、語る 方法としての日本 ~美術史から日本語へ ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 高階秀爾、語る 方法としての日本
サブタイトル 美術史から日本語へ
著者 [著者区分]■三浦 篤 [編集]
■三浦 雅士 [編集]
■高階 秀爾 [著・文・その他]
出版社 平凡社 レーベル
本体価格
(予定)
3200円 シリーズ
ページ数 456p Cコード 0071
発売予定日 2019-06-12 ジャンル 一般/単行本/絵画・彫刻
ISBN 9784582206456 判型 46
内容紹介
西洋美術の魅力を現在の日本に広めた第一人者の素顔と85年の歩み。関心は西欧をつきぬけ日本に立ち返り、やがて世界文明へと到る。
目次
著者略歴(三浦 篤)
美術史家・東京大学大学院教授
著者略歴(三浦 雅士)
評論家・編集者
著者略歴(高階 秀爾)
美術評論家・大原美術館館長
他の書籍を検索する