『こころ Vol.44』の詳細情報

こころ Vol.44
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル こころ Vol.44
サブタイトル
著者 [著者区分]若松英輔ほか [著・文・その他]
出版社 平凡社 レーベル こころ
本体価格
(予定)
800円 シリーズ
ページ数 144p Cコード 0090
発売予定日 2018-08-12 ジャンル 一般/単行本/文学総記
ISBN 9784582380446 判型 A5
内容紹介
若松英輔さんに聞く「今さら知りたい④=詩ってなんだろう?」/海外名作短編再訪=井波律子訳・解説「狐の美女の恋ごころ」ほか
目次
◆エッセイ
4 辺野古 抵抗の海 鎌田慧
6 技術は何を目指すのか 木村俊介
8 スリーÅの上野 上野誠

◆今さら知りたい④
10 詩ってなんだろう?
──詩に目覚めれば人生は変わる 若松英輔

◆わが心の名作短編再訪
32 美女になった狐──任氏伝 「唐代伝奇」より 訳・解説 井波律子

◆よみもの
44 「虫屋」の懺悔録──虫好き、虫嫌いはかく生まれり 小松貴

◆連載
65 司書のホンのひとりごと 8 「間」をうめながら図書館をつくる 鎌倉幸子(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)
52 旅ごころはリュートに乗って 第九話「右手を斬られた聖イオアン」聖母マリアのカンティガ 星野博美
74 茶の声を聴く──その二 お茶の裾野を広げた左遷文士たち 左能典代
66 あること、ないこと 第三十六回──チョコレート・ガール探偵譚10 吉田篤弘
86 思考の技術論 第十四回 家族人類学の成立 鹿島茂
101 虐待された少年はなぜ、非行に走ったのか──病理と矯正教育の最前線 第三回 非行少年と発達生涯 石井光太

138 本 下部構造を忘れた左翼のために──ブレイディみかこ・松尾匡・北田暁大『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう──レフト3・0の政治経済学』 栗原裕一郎

執筆者紹介 142 /次号予告 143 /出版案内 144

題字・表紙絵=野見山暁治
デザイン=松田行正+杉本聖士


他の書籍を検索する