『バベルの後に 下 ~言葉と翻訳の諸相 ~ 』の詳細情報

バベルの後に 下
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル バベルの後に 下
サブタイトル 言葉と翻訳の諸相
著者 [著者区分]■G.スタイナー [著・文・その他]
■亀山健吉 [翻訳]
出版社 法政大学出版局 レーベル 叢書・ウニベルシタス
本体価格
(予定)
6000円 シリーズ
ページ数 550p Cコード 1390
発売予定日 2009-06-23 ジャンル 教養/全書・双書/文学総記
ISBN 9784588004001 判型 46
内容紹介
古今の芸術思想、言語・文学理論、英仏独語の表現に通暁した現代随一の批評家が、文化史、哲学史の沃野を渉猟しつつ、言語の複数性という巨大な謎に真っ向から取り組んだ、翻訳研究の古典。聖書やホメロスをはじめ、ヘルダーリン、ベンヤミン、ハイデガーほか無数の固有名への解釈から立ち上がる、語と意味の翻訳(不)可能性をめぐる遠大な思索。今日の人文学の必読書、上下巻完結。〔文芸批評・言語・思想〕
目次
他の書籍を検索する