『批判理論の系譜学 ~両大戦間の哲学的過激主義 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 批判理論の系譜学
サブタイトル 両大戦間の哲学的過激主義
著者 [著者区分]■N.ボルツ [著・文・その他]
■大貫 敦子 [翻訳]
■山本 尤 [翻訳]
出版社 法政大学出版局 レーベル 叢書・ウニベルシタス
本体価格
(予定)
3600円 シリーズ
ページ数 322p Cコード 1310
発売予定日 1997-06-01 ジャンル 教養/全書・双書/哲学
ISBN 9784588005725 判型 46
内容紹介
ヴェーバー,カール・シュミット,ハイデガー,ベンヤミン,アドルノ… ワイマール時代の危険をはらんだ思考の絡み合い,およびその哲学的エッセンスを提示する。
目次
他の書籍を検索する