『越境・離散・女性 ~中国語圏文学の一側面(仮) ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 越境・離散・女性
サブタイトル 中国語圏文学の一側面(仮)
著者 [著者区分]張欣 [著・文・その他]
出版社 法政大学出版局 レーベル
本体価格
(予定)
4000円 シリーズ
ページ数 288p Cコード 1090
発売予定日 2019-07-26 ジャンル 教養/単行本/文学総記
ISBN 9784588495151 判型 A5
内容紹介
十五年戦争下の満州・日本・北京を往来し人気を博した梅娘、同じく大戦下の香港・上海で活躍したのちアメリカへと渡った張愛玲、そして難民の子として台湾に生まれアメリカ、ドイツ、香港を渡り歩く現代の人気作家・龍應台。執筆の舞台は違えども中国を襲った二十世紀の戦火に運命を決定づけられ、ディアスポラとしてその文体を確立した三人の女性作家の分析を中心に、文学とアイデンティティの問題に迫る。
目次
他の書籍を検索する