『幕末・維新人物伝 木戸孝允』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 幕末・維新人物伝 木戸孝允
サブタイトル
著者 [著者区分]■中島 健志 [イラスト]
■加来 耕三 [企画・原案]
■水谷 俊樹 [企画・原案]
出版社 ポプラ社 レーベル コミック版 日本の歴史
本体価格
(予定)
1000円 シリーズ
ページ数 127p Cコード 8323
発売予定日 2018-08-11 ジャンル 児童/全書・双書/伝記
ISBN 9784591159491 判型 A5
内容紹介
江戸時代末期、長州藩(山口県)藩士の桂小五郎(のちの木戸孝允)は、開国をせまる欧米諸国に対抗するため、日本が一つとなる必要性を、吉田松陰から学びます。やがて討幕を掲げて藩の中心人物となった小五郎は、坂本龍馬の協力で西郷隆盛が率いる薩摩藩と同盟し、ついには江戸幕府を倒します。明治新政府でも五箇条の御誓文を起草したり、廃藩置県を行うなど、新しい日本のために力を尽くしていきます。西郷隆盛、大久保利通と並ぶ「維新の三傑」と呼ばれた、木戸孝允の生涯をコミックで描き、幕末から明治維新までの流れが理解できる内容となっています。
目次
他の書籍を検索する