『だめなら逃げてみる ~自分を休める225の言葉 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル だめなら逃げてみる
サブタイトル 自分を休める225の言葉
著者 [著者区分]小池 一夫 [著・文・その他]
出版社 ポプラ社 レーベル 一般書
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 255p Cコード 0095
発売予定日 2018-10-11 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784591160060 判型 46変形
内容紹介
Twitter(@koikekazuo)フォロワー数83万人超!
日々つぶやかれる名言はリツイート多数。

他人はほっとく、悪意に近づかない、自分に気を遣う。
距離を置くだけで生きるのがラクになる!
あなたが幸せになれる場所はそこだけじゃない。

心にスッと溶け込むやさしい言葉、
思わずハッとさせられる本質を突く言葉など
225のメッセージを厳選収録。
カバーには人気イラストレーターNoritakeの画を使用。

【逃げだすこと、
あきらめること、
嘘をつくことがあっても良い、
それが習慣にならなければ】

*内容抜粋

1 不安と悩みについて
自分の身を守れるのは自分しかいない
悪意を無視する
恐怖からうまく逃げる
壊れる前に、すぐに逃げる
失礼な人は相手にしなくていい
仕事でなく人生を選ぶ

2 自分自身について
自分らしさを制限して窮屈に生きない
自分に気を遣う
自分の性格に注意する
自分の限界を知る

3 人との繋がりについて
卑屈にならず、あくまでも対等に
嫌いな人のことを考えない
大きすぎる期待には応えなくていい
憎むまで嫌いにならない
群れない

4 思考と行動について
「どうにもならないこと」は絶対にある
楽観的な時に考えるのをやめる
矛盾しながら生きる
変な期待はさっさと裏切る

5 生きることについて
「人のせい」ではなく「自分のおかげ」
誰のせいでもないと上手にあきらめる
手持ちのカード
歪にならない
過去の自分に聞いてみる

6 前に進むことについて
執着することなく手放す
ガッツリ休む
自尊心だけは取り戻せ
中身をすっ飛ばして考える
行き詰っている時打開策は二つある

7 幸せについて
幸せ芝居をうまく
現時点でハッピーなほうを選べばいい
何か一つ美しくする

*著者について
小池一夫(こいけ・かずお)
1936年、秋田県生まれの82歳。
漫画作家、小説家、脚本家、作詞家。
2010年3月からTwitter(@koikekazuo)を始める。
2018年9月現在、フォロワー数は83万人を超える。
著書に『ふりまわされない。』(ポプラ社)、
『人生の結論』(朝日新書)などがある。
目次
他の書籍を検索する