『武器としてのFX』の詳細情報

武器としてのFX
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 武器としてのFX
サブタイトル
著者 [著者区分]田畑 昇人 [著・文・その他]
出版社 扶桑社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 Cコード 0095
発売予定日 2019-12-20 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784594083892 判型 46
内容紹介
投資デビューは大学3年生。

1 順バリ、逆バリを決める「時間帯」
2 ハイエナから身を守る「ダウ理論」
3 投資家心理を読む最強ツール「オアンダ」

という「3つの武器」で相場に挑んだ著者は、
50万円の元手を9か月で1000万円に増やす成功を掴んだ。
その手法は『東大院生が考えたスマートフォンFX』にまとめ、
同著は10万部を超えるベストセラーに。今なお版を重ね続けている。

そんな前著から4年の月日が流れ、著者は新しい武器を手に入れた。
「ボラティリティをトレードする」アプローチである。

テクニカル、ファンダメンタルズ、投機筋&個人投資家のポジション情報。
勝つための努力を惜しまずに続けてきた著者が編み出した
最新の手法&理論を凝縮した一冊、ここに完成。

第一章 ランダムウォークからの脱出
第二章 「黄金の15%の時間」を探す旅
第三章 「需給」と「日足」はトレンドを探す鍵
第四章 ファンダメンタルズ分析とは食材探し
第五章 VIX指数で相場の加速度を測る
第六章 トレード習得すべき三種の神器
第七章 僕がどんなトレードをしてきたのか

<内容>

ベストセラーとなった「東大院生が考えたスマートフォンFX」の著者が
たどり着いた答えは、VIX指数だった。
相場の恐怖感を表すこの指標をいったいどのようにトレードに生かすのか。
初心者~中級者向けだった前著より一歩踏み込んだアップデート版は、
タイトル通りすべてのトレーダーの武器となるだろう。

<著者プロフィール>

田畑昇人
(たばた・しょうと)

大学3年生からトレーディングを始め、わずか50万円を9か月で1000万円に。大学院在学中に刊行した『東大院生が考えたスマートフォンFX』は10万部を超えるベストセラーとなった。FXを始めとするトレードで生計をたてる。公式ブログはhttps://shototabata.com
目次
他の書籍を検索する