『校長先生、ちょっとこわくてふしぎな話を聞かせて』の詳細情報

校長先生、ちょっとこわくてふしぎな話を聞かせて
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 校長先生、ちょっとこわくてふしぎな話を聞かせて
サブタイトル
著者 [著者区分]■クリハラタカシ [イラスト]
■竹宮竜 [著・文・その他]
出版社 扶桑社 レーベル
本体価格
(予定)
1100円 シリーズ
ページ数 176p Cコード 0095
発売予定日 2021-04-21 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784594088071 判型 46
内容紹介
本物の元校長先生が書いた、
子ども向けの不思議なお話

◆内容紹介
ぼくが通う阿武寺小学校では、月に二回、土曜日に学習会がある。
ぼくと幼馴染み三人が選んだのは、校長先生の「ちょっとこわくてふしぎな話」
の講座だ。
勉強じゃなくてこわい話をしてくれるなんて、かわった校長先生だよね。
こわいけどかわいそうだったり、面白いのに不思議だったり、
校長先生の話が毎回楽しみなんだ!

◆もくじ
第一話 顔
第二話 アレルギー
第三話 おでき
第四話 行方不明者
第五話 絶滅危惧種
第六話 花の命
第七話 幽霊
第八話 夜の散歩者
追話  うら盆

◆保護者のみな様へ
本書では、校長先生のふしぎな話を聞きながら「なぜそんな現象が起こったのか」「原因は何だったんだろう?」と子どもたちがグループで話し合いをしながら考えます。
きっと子どもたちも本書を読みながら「こういうことかな?」と考えながら読んでくれるでしょう。不思議な話を楽しみながら、推論する力を身につけることができます。
目次
他の書籍を検索する