『神様からの処方箋』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 神様からの処方箋
サブタイトル
著者 [著者区分]■キャロル・マリネッリ [著・文・その他]
■大田朋子 [翻訳]
出版社 ハーパーコリンズ・ジャパン レーベル ハーレクイン・イマージュ
本体価格
(予定)
664円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 0297
発売予定日 2019-12-11 ジャンル 一般/新書/外国文学小説
ISBN 9784596225917 判型 新書(B40)
内容紹介
幸せが崩れゆくのを止められなかった。
忘れようとしたとき、切ない再会が……。

それはローナが新たな人生に踏み出した矢先の交通事故だった。
子宮外妊娠で第一子を失い、すれ違いから夫ジェイムズとも別れて以来、
いつか大切な命を産みたいと、おなかの痛みにも耐えてきた。
10年が過ぎた今、ようやく子供をあきらめて手術を受ける決心をし、
故郷を離れてロンドンで暮らそうとしていたところだったのだ。
病院に運ばれ、病室で意識を取り戻した彼女の耳に懐かしい声が届く。
「ローナ……」ああ、なんてこと。ここはジェイムズの病院!
思わぬ再会後、やがて快復したローナは、彼と一緒に働くことになる。
その前に過去のわだかまりを解くように、二人は一夜を共にした。
ローナは彼の腕の中で、じきに手術で子を望めなくなる切なさに震えた。

かつて愛したジェイムズの姿を再び目にしたとき、ローナの胸には失った幼い命の面影が甦ったのでした。悲しみに押し潰されそうになりながらも、前に進もうともがく彼女の姿に声援を送りたくなります。スター作家C・マリネッリが描く、珠玉の愛の復活ロマンス。
目次
他の書籍を検索する