『現代家族を読み解く12章』の詳細情報

現代家族を読み解く12章
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 現代家族を読み解く12章
サブタイトル
著者 [著者区分]■久保 桂子 [編集]
■佐藤 宏子 [編集]
■日本家政学会 [編集]
出版社 丸善出版 レーベル
本体価格
(予定)
2400円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 3036
発売予定日 2018-10-29 ジャンル 専門/単行本/社会
ISBN 9784621303436 判型 A5
内容紹介
少子高齢化、未婚化・晩婚化、離婚の増加と再婚夫婦の増加など、家族をめぐる状況は大きく変化している。一方で、LGBTに代表される多様な性のあり方への理解が広がり、あるべき家族像を追求することよりも、個人の尊重、多様性の尊重が重要になってきている。

このように家族や人々の暮らし方が大きく変化し、家族の形態や関係性が多様になっても、私たちにとって家族が生活や人生の基本的な拠り所のひとつであり続けているからこそ、私たちは、家族との関係に期待を抱いたり、逆に憎しみを抱いたり、また、家族でいるがために苦しんだりもするのであろう。

本書は、現在の家族の状況にさまざまな角度から光を当て、家族の現状と生活の実態を客観的に把握したうえで、課題を解決する柔軟な思考と実践のためのヒントを提供している。
目次
第1章 家族とは何だろう…………………………………………………………1
1.家族についての定義, FI/主観的家族 2
2.家族・親族・世帯 4
3.ライフコースと家族 6
4.家族の多様なかたち 8
5.近代家族と現代家族 10
【コラム】インセスト・タブ-(近親性交の禁忌)について 12

第2章 家族と法…………………………………………………………………13
1.家族法とは何か 14
2.夫婦関係についての法律 16
3.親子関係についての法律 18
4.子の親権・監護をめぐる問題 20
5.家族構成員の保護 22
6.家族法改正の課題と展望 24
【コラム】夫婦間に生じる権利義務 26

第3章 子ども・若者と家族……………………………………………………27
1.子ども期とは 28
2.子どもの権利条約と家族 30
3.児童虐待と子どもの保護 32
4.子どもの貧困 34
5.子どもの発達と家族・社会 36
6.青年期・若者期とは 38
7.青年期の自立の課題 40
8.若者と職業 42
9.若者の家族形成の課題 44
【コラム】貧困ラインと相対的貧困率 46

第4章 ジェンダーと家族……………………………………………………47
1.フェミニズムと家族 48
2.ジェンダー平等とジェンダー主流化 50
3.ジェンダーと家庭科 52
4.家族とジェンダーの地域間比較 54
5.多様なセクシュアリティと、同性間の結婚・子育て 56
6.セクシュアル・マイノリティからみた家族 58
7.ジェンダーと親密性 60
【コラム】ジェンダーをどうとらえるか 62

第5章 結婚と離婚………………………………………………………………63
1.結婚とは何か 64
2.未婚化・晩婚化の進行 66
3.結婚とパートナー関係 68
4.夫婦関係の諸相 70
5.ドメスティック・バイオレンス 72
6.離婚・再婚の動向 74
7.ステップファミリー 76
【コラム】婚外子の出生動向 78

第6章 出産と子育て………………………………………………………………79
1.性と生殖に関する健康/権利 80
2.不妊治療と家族 82
3.出生数・出生率と人口問題 84
4.親になる? ならない? 86
5.3歳児神話の変容と現在、性別役割分業 88
6.母子関係と父子関係 90
7.ひとり親家族の子育て 92
8.親族・友人・地域の育児ネットワーク 94
9.地域の子育て支援 96
【コラム】「保育園落ちた」ブログと待機児童問題 98

第7章 労働と家族………………………………………………………………99
1.仕事と子育ての両立 100
2.ワーク・ライフ・バランス 102
3.非正規雇用の広がりと家族 104
4.労働と家庭的責任 106
5.ペイド・ワークとアンペイド・ワーク 108
6.長時間労働と過労死 110
7.男女共同参画社会 112
【コラム】家族の世話と仕事の両立 114

第8章 高齢者と生きる・高齢期を生きる………………………………………115
1.向老期を生きる 116
2.高齢者と高齢社会 118
3.高齢期の夫婦関係 120
4.高齢期の成人子との関係 122
5.祖父母という存在 124
6.高齢者介護と家族 126
7.高齢期のきょうだい関係 128
【コラム】高齢者の家族としてのペット 130

第9章 生活保障と家族…………………………………………………………131
1.家族問題と家族福祉 132
2.ソーシャルワークと家族支援 134
3.少子化と育児支援 136
4.要保護児童と社会的養護・家庭的養護 138
5.高齢化と介護支援 140
6.要介護高齢者と成年後見制度 142
7.障害者福祉と家族(障害児含む) 144
8.ホームレス生活者と家族 146
9.臨床倫理・死生学と家族 148
【コラム】人生100年時代のライフモデル 150

第10章 生活環境と家族………………………………………………………151
1.衣食住と家族 152
2.消費環境と家族 154
3.情報化と家族 156
4.生活文化と家族 158
5.地域社会と家族 160
6.葬送と家族 162
7.災害と家族 164
【コラム】共同墓・合葬墓 166

第11章 グローバリゼーションと家族…………………………………………167
1.国際結婚の動向 168
2.国際結婚をめぐる諸問題 170
3.国際結婚と子ども 172
4.外国につながりのある子どもへの支援 174
5.海外からのケア労働者 176
【コラム】ハーグ条約と日本における実施法 178

第12章 これからの家族の展望………………………………………………179
1.社会的包摂の理念と家族 180
2.ケアと共生 182
3.これからの家族 184
【コラム】北欧の家族と子育て」 186
他の書籍を検索する