『グリフィス 電磁気学 I』の詳細情報

グリフィス 電磁気学 I
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル グリフィス 電磁気学 I
サブタイトル
著者 [著者区分]■二国 徹郎 [翻訳]
■坂田 英明 [翻訳]
■徳永 英司 [翻訳]
■満田 節生 [翻訳]
出版社 丸善出版 レーベル
本体価格
(予定)
3800円 シリーズ
ページ数 444p Cコード 3042
発売予定日 2019-12-11 ジャンル 専門/単行本/物理学
ISBN 9784621304228 判型 A5
内容紹介
本書は、中級レベルの電磁気学のテキストとして抜群の定評をもち、北米を中心に広く使われている。語り口の味わいやわかりやすさは勿論のこと、その真価は脚注で引用されている文献とそれに密接に関連づけられた内容が本文や演習問題にさりげなく反映されている点にある。最近議論される内容までも意欲的に反映され、改訂のたびに新しい視点を取り込んでいる、まさに生きた電磁気学のテキストともいえる。さらに、演習問題は単なる章末問題としてではなく、例題とともに本文中に内容の理解を促進させるかたちで埋め込まれていることが特徴であり、周到な学習過程デザインがなされている。
 第I巻では、真空中および物質中の静電場と静磁場の基本法則について取り扱った後に、時間変動する電磁場を記述するマクスウェル方程式を導入する。
目次
電磁気学の物理学における位置づけ

第 1 章 ベクトル解析
    1.1 ベクトル代数 ● 1.2 ベクトル場の微分 ● 1.3 ベクトル場の積分
    1.4 曲線座標系 ● 1.5 ディラックのデルタ関数 ● 1.6 ベクトル場の理論
第 2 章 静電気学
    2.1 電場 ● 2.2 静電場の発散と回転 ● 2.3 静電ポテンシャル
    2.4 静電場における仕事とエネルギー ● 2.5 導体
第 3 章 ポテンシャル
    3.1 ラプラス方程式 ● 3.2 鏡像法 ● 3.3 変数分離法 ● 3.4 多重極展開
第 4 章 物質中の電場
    4.1 分極 ● 4.2 分極した物質の電場 ● 4.3 電気変位 ● 4.4 線形誘電体
第 5 章 静磁気学
    5.1 ローレンツ則 ● 5.2 ビオ・サバールの法則 ● 5.3 磁場の発散と回転
    5.4 ベクトルポテンシャル
第 6 章 物質中の磁場
    6.1 磁化 ● 6.2 磁化した物質の磁場 ● 6.3 補助場 H ● 6.4 線形媒質と非線形媒質
第 7 章 電磁気学
    7.1 起電力 ● 7.2 電磁誘導 ● 7.3 マクスウェル方程式

付録 A 曲線座標系におけるベクトル解析
    A.1 前置き ● A.2 表記 ● A.3 勾配 ● A.4 発散 ● A.5 回転 ● A.6 ラプラシアン
付録 B ヘルムホルツの定理
付録 C 単位
付録 D 公式集
他の書籍を検索する