『鼓動が止まるとき ~1万2000回、心臓を救うことをあきらめなかった外科医 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 鼓動が止まるとき
サブタイトル 1万2000回、心臓を救うことをあきらめなかった外科医
著者 [著者区分]■スティーヴン・ウェスタビー [著・文・その他]
■勝間田敬弘 [監修]
■小田嶋由美子 [翻訳]
出版社 みすず書房 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 336p Cコード 0036
発売予定日 2018-12-04 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784622087540 判型 46
内容紹介
驚異的な機転と不屈の精神で患者を救う。「私にとってはいつものオフィスの日常が、患者にとっては人生の最終日。それが心臓外科手術だ」。人工心臓手術のパイオニアである外科医・ウェスタビー。世界を飛び回り、ジョークを言いながら患者の胸を開いては、驚異的な機転と不屈の精神をもって患者を救い、また去っていく。心臓外科の歴史を変えた破天荒な心臓外科医の自伝的エッセイ!
目次
まえがき
1 エーテル・ドーム
2 小さな一歩から
3 ブロック卿の長靴
4 タウンシップの少年
5 名前のない少女
6 二つの心臓を持つ男
7 ジュリーの心臓を守れ
8 黒いバナナ
9 ドミノ心臓
10 バッテリーに頼る命
11 アンナの物語
12 ミスター・クラーク
13 アドレナリン・ラッシュ
14 絶望
15 二重の危険
16 命は彼らの手の中に
あとがき
謝辞
監修者解説(勝間田敬弘)
用語集
他の書籍を検索する