『近代イタリアの歴史 ~16世紀から現代まで ~ 』の詳細情報

近代イタリアの歴史
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 近代イタリアの歴史
サブタイトル 16世紀から現代まで
著者 [著者区分]■伊藤 武 [編集]
■北村 暁夫 [編集]
出版社 ミネルヴァ書房 レーベル
本体価格
(予定)
3200円 シリーズ
ページ数 284p Cコード 3022
発売予定日 2012-10-20 ジャンル 専門/単行本/外国歴史
ISBN 9784623063772 判型 A5
内容紹介
目次
はしがき

第1章 領域国家の形成(北田葉子)
 1 時代の概観
 2 トスカーナ大公国における領域国家の形成
 3 エリート層の統合
 4 中層の統合—書—記・法学者・軍人
 コラムⅠ ガリレオとメディチ家

第2章 啓蒙の世紀(奥田 敬)
 1 時代の概観
 2 イタリアの再編
 3 ブルボンとハプスブルク
 4 ナポリ啓蒙の展開
 5 フランス革命とイタリア
 コラムⅡ 経済学の呼び名

第3章 リソルジメント(小谷眞男)
 1 時代の概観
 2 リソルジメント期における司法統計編纂事業
 3 各国の刑事司法統計
 4 ネーションと法文化
 コラムⅢ カトリック改革を唱えた哲学者・ロズミーニ

第4章 自由主義の時代(小田原琳)
 1 時代の概観
 2 「南部問題」
 3 南からの手紙
 4 自由主義期イタリアと南部問題
 コラムⅣ 「南部」を想像する

第5章 世紀末とジョリッティ時代(北村暁夫)
 1 時代の概観
 2 反ジョリッティ主義の台頭
 3 経済的自由主義と南部主義
 4 フィレンツェの雑誌文化とイタリア・ナショナリスト協会
 コラムⅤ 大量移民(グラン・エクソダス)

第6章 第一次世界大戦と戦後危機(北村暁夫)
 1 時代の概観
 2 ダンヌンツィオとフィウーメ占領
 3 人民党と社会党
 4 ファシズム運動—戦士のファッシと農村ファシズム
 コラムⅥ 女性にとっての第一次世界大戦

第7章 ファシズム時代(小山吉亮)
 1 時代の概観
 2 地方ファシズムと組織化
 3 組織化の理念と現実
 4 スタラーチェ時代
 コラムⅦ ファシズムとスポーツ

第8章 第二次世界大戦とレジスタンス(秦泉寺友紀)
 1 時代の概観
 2 イタリアにおけるレジスタンス
 3 サロ共和国の成立と終焉
 4 レジスタンスの記憶/サロ共和国の記憶
 コラムⅧ 歴史修正主義論争

第9章 共和国の成立と高度成長(伊藤 武)
 1 時代の概観
 2 共和制における政党
 3 キリスト教民主党とカトリック
 4 共和国の揺らぎ
 コラムⅨ テクノクラート

第10章 鉛の時代から消費社会へ(中村勝己)
 1 時代の概観
 2 反乱と改革の時代
 3 制度改革と新しい社会運動の多様な展開
 4 赤色テロと「鉛の時代」
 コラムⅩ 1960〜70年代議会外左翼の盛衰史

第11章 第二共和制へ(池谷知明)
 1 時代の概観
 2 体制移行の時代
 3 第二共和制へ
 4 不安定な政治への復帰
 コラムⅩⅠ ベルルスコーニ

あとがき
人名・事項索引
著者略歴(伊藤 武)
専修大学法学部准教授
著者略歴(北村 暁夫)
日本女子大学文学部教授
他の書籍を検索する