『オランダ別段風説書集成』の詳細情報

オランダ別段風説書集成
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル オランダ別段風説書集成
サブタイトル
著者 [著者区分]風説書研究会 [編集]
出版社 吉川弘文館 レーベル
本体価格
(予定)
15000円 シリーズ
ページ数 728p Cコード 3021
発売予定日 2019-03-18 ジャンル 専門/単行本/日本歴史
ISBN 9784642015837 判型 A5
内容紹介
アヘン戦争を契機に、詳細な海外情報の必要性を痛感した江戸幕府は、従来の風説書に加えて詳報「別段風説書」の呈上をオランダに要請した。全国各地に残存する写本を厳選して年代順に掲載し、幕末期の対外政策や政治判断の材料となった史料の全貌に迫る。多角的な視点からの論考を収めた研究篇を付し、『和蘭風説書集成』刊行後の渇望をいやす。
目次
序にかえて…片桐一男/凡例/総論一 オランダ別段風説書解説…佐藤隆一/総論二 別段風説書写本の所在状況について…岩田みゆき【史料篇】第一号 天保十一庚子年(一八四○)別段風説書 長崎訳/〔参考史料一〕弘化元甲辰年(一八四四)六月 別段風説書 長崎訳/〔参考史料二〕文化元甲子年(一八〇四)別段風説書/〔参考史料〕弘化四丁未年(一八四七)別段風説書 江戸訳覚 他/【研究篇】江戸時代の海外情報―鷹見泉石の情報活動…片桐一男/オランダ別段風説書―その公的回覧と私的書写…佐藤隆一/徳川慶勝筆写の嘉永四・五年別段風説書と黒田斉溥の嘉永五年対外建白書―別段風説書と雄藩大名の海外情報の認識再考…岩下哲典/《別段風説書》はいかに参照されたか―神奈川県立歴史博物館所蔵「阿部家資料」を事例として…嶋村元宏/別段風説書のなかのヨーロッパ―一八四八年革命を中心に…割田聖史/江戸のインテリジェンス―武器と凶器…篠原 進
他の書籍を検索する