『肥前名護屋城の研究 ~中近世移行期の築城技法 ~ 』の詳細情報

肥前名護屋城の研究
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 肥前名護屋城の研究
サブタイトル 中近世移行期の築城技法
著者 [著者区分]宮武 正登 [著・文・その他]
出版社 吉川弘文館 レーベル
本体価格
(予定)
12000円 シリーズ
ページ数 288p Cコード 3021
発売予定日 2020-03-27 ジャンル 専門/単行本/日本歴史
ISBN 9784642029605 判型 B5
内容紹介
大陸侵攻の前線基地として豊臣秀吉が築いた肥前名護屋城。城郭本体の構造的特徴や普請技術をはじめ、隣接する城下町、周囲を取り囲む大名陣所跡を対象に、長年にわたる発掘調査の成果と文献資料から総合的に分析。秀吉直営の陣城として唯一残る城塞群遺跡の全貌を解明し、中世以降の「陣」や石垣の変遷と特徴を初めて通史的に描き出した注目の書。
目次
序章 研究の視点と目的/名護屋城の成立とその構造(名護屋城の築城経過/名護屋城の構造的特徴/主要虎口の機能から見た城郭構造の矛盾点)/名護屋城下町の特徴と都市史上の意義(はじめに―戦場の町の理解に向けて/城下町の都市的興隆の具体相/基礎的史の吟味〈諸大名「配陣図」/町場地名「しこな」と伝承/『肥前国名護屋城図屏風』〉以下細目略/城下町の構成要素と内容/空間構造上の特異性と意味/おわりに―名護屋城下町の本質)/大名陣所の実態と系譜―付・中近世における臨時要塞の発史(「陣」の変遷と実態/名護屋の大名陣所の実態/おわりに―「陣」追及の射程)/豊臣系城郭の普請技術と名護屋城―石垣構築技術の転換期的特徴(名護屋城以前の城郭石垣の変遷/名護屋城石垣の技術的特徴)/終章 今後の研究課題
他の書籍を検索する