『近代日本のメディアと階層認識』の詳細情報

近代日本のメディアと階層認識
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 近代日本のメディアと階層認識
サブタイトル
著者 [著者区分]石堂 彰彦 [著・文・その他]
出版社 吉川弘文館 レーベル
本体価格
(予定)
6000円 シリーズ
ページ数 200p Cコード 3021
発売予定日 2012-11-09 ジャンル 専門/単行本/日本歴史
ISBN 9784642038157 判型 A5
内容紹介
民衆の啓蒙を目的とした説諭や投書を素材に、近代日本における階層認識の形成と変遷を、新聞というメディアを通じて解き明かす。
目次
序章 メディアと階層認識(何を明らかにしうるか/分析視角と用語/近代初期における新聞と社会/各章の概観)/一八七〇年代の小新聞における「下等社会」と階層認識(小新聞における「下等社会」/小新聞と説諭/説諭から「下等社会」へ)/小新聞における「下等社会」以前の階層認識―「中以下」とその変容(近世における「中以下」/小新聞における「中以下」とその背景/小新聞における階層認識の変容)/補章 一八七〇年代における小新聞投書の書き換え(書き換えの背景/書き換え事例の分析)以下細目略/小新聞投書家の階層認識―中坂まときを事例として/小野梓の階層認識―「中等人」の実像/一八八〇年代の大新聞における「中等社会」と階層認識/終章 階層認識と新聞の変容
他の書籍を検索する