『大戦間期の対中国文化外交 ~外務省記録にみる政策決定過程 ~ 』の詳細情報

大戦間期の対中国文化外交
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 大戦間期の対中国文化外交
サブタイトル 外務省記録にみる政策決定過程
著者 [著者区分]熊本 史雄 [著・文・その他]
出版社 吉川弘文館 レーベル
本体価格
(予定)
11000円 シリーズ
ページ数 362p Cコード 3021
発売予定日 2013-01-22 ジャンル 専門/単行本/日本歴史
ISBN 9784642038188 判型 A5
内容紹介
平和的な「新外交」へ日本はどう転換したか。「対支文化事業」への外務省の対応を分析。対中国文化外交政策の意義と特質を解明する。
目次
凡例/序章 課題と方法/第一次大戦末期の外交課題(第一次大戦末期の対中国政策/「新外交」理念の受容/文化外交論の浮上)/「対支文化事業」の創出(対米協調のなかの対中国政策/情報部の設置と公表外交の推進/亜細亜局の設置と在華鉄道権益/「新外交」としての「対支文化事業」)/文化事業部の独立と対中国文化外交(文化事業部の独立/東方会議の開催と亜細亜局/革命外交への対応と文化事業部/「対支文化事業」の変質)/文化外交の転換と「東亜」概念の登場(文化外交理念の動揺と公表外交/「対満文化事業」の開始/「東亜」概念の登場と東亜局/華北経済開発策としての「対支文化事業」)/日中戦争の勃発と対中国文化外交のゆくえ(興亜院設置問題と外務省/文化外交理念の破綻/対中国政策決定過程の変化/「対支文化事業」の分化と「新外交」の結実)/終章 成果と残された課題
他の書籍を検索する