『平安京の災害史』の詳細情報

平安京の災害史
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 平安京の災害史
サブタイトル
著者 [著者区分]北村 優季 [著・文・その他]
出版社 吉川弘文館 レーベル
本体価格
(予定)
1700円 シリーズ 古代史
ページ数 208p Cコード 0320
発売予定日 2012-05-21 ジャンル 一般/全書・双書/歴史総記
ISBN 9784642057455 判型 46
内容紹介
猛威をふるう自然環境を人々はどう捉え、災害にいかに向きあってきたのか。平安時代400年の歴史を、都市・社会問題から再検証。
目次
災害から見た平安京―プロローグ/飢饉の惨状(養和の飢饉/飢饉と環境/消えゆく村々/都市の求心力)/洪水とその対策(洪水被害の実態/治水の試み/鴨川の河原)/疫病の流行(疫病と御霊会/摂関期の疫病/恐れと祈り)/地震の発生とその対応(平安初期・中期の地震/院政期の大地震/庶民住宅の被害)/火災発生の状況と背景(火災都市・平安京/都市の防火対策/「町」の変化と火災)/くり返す災害と変わりゆく平安京―エピローグ
他の書籍を検索する