『日本考古学年報 70 ~2017年度版 ~ 』の詳細情報

日本考古学年報 70
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 日本考古学年報 70
サブタイトル 2017年度版
著者 [著者区分]日本考古学協会 [編集]
出版社 吉川弘文館 レーベル
本体価格
(予定)
4000円 シリーズ
ページ数 356p Cコード 3321
発売予定日 2019-05-15 ジャンル 専門/全書・双書/日本歴史
ISBN 9784642093958 判型 B5
内容紹介
1948年の日本考古学協会創立以来、毎年刊行されている本年報は、我が国の考古学的動向を知るうえで、最も基本的かつ信頼度の高い学術的情報源であり、広く海外にも紹介する唯一の書である。41より小社で販売する。 〈内容〉年度ごとの日本考古学界および各都道府県の動向、注目された発掘調査の概報、出版された文献目録、 新指定の史跡・名勝・重要文化財一覧等を収録。
目次
Ⅰ 2017年度の日本考古学界(Ⅰ 日本考古学研究の動向〈総説…谷川章雄/学際領域研究の動向…植月 学/埋蔵文化財保護活動の動向…関口慶久/旧石器時代研究の動向…上峯篤史/縄文時代研究の動向…阿部昭典/弥生時代研究の動向…森本幹彦/古墳時代研究の動向…辻田淳一郎/古代研究の動向…依田亮一/中世研究の動向…松井一明・溝口彰啓/近世研究の動向…山﨑吉弘〉/Ⅱ 外国考古学研究の動向〈朝鮮半島…三阪一徳/中国…久保田慎二/北アメリカ…荒川史康(訳 佐々木憲一)〉/Ⅲ 日本考古学協会の記録…橋本裕行)/Ⅱ 各都道府県の動向(永谷幸人/斉藤慶吏/駒木野智寛/齋藤和機/五十嵐祐介/齋藤主税/猪狩みち子/江原美奈子/武川夏樹/新井 仁/大谷 徹/黒沢 崇/高田賢治/髙屋敷飛鳥/加藤元康/町田賢一/安達俊一/久保田健太郎/平林大樹/砂田普司/深澤麻衣/神取龍生/小原雄也/福西貴彦/筒井崇史・高橋 潔/塚本浩司/垣内拓郎/岩越陽平/大木 要/下高瑞哉/人見麻生/南 健太郎/中山愉希江/石井龍彦/端野晋平/渡邊 誠/三吉秀充/久家隆芳/坂本真一/渋谷 格/河合恭典/阿南 亨/服部真和/沖野 誠/中原一成/菅原広史)
他の書籍を検索する