『観光・レジャーによるアジアの地域振興』の詳細情報

観光・レジャーによるアジアの地域振興
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 観光・レジャーによるアジアの地域振興
サブタイトル
著者 [著者区分]■山口 有次 [編集]
■戸崎 肇 [編集]
出版社 芦書房 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 196p Cコード 0033
発売予定日 2021-10-08 ジャンル 一般/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784755613197 判型 46
内容紹介
コロナ後の観光・レジャーを考える
誰もが観光・レジャーを楽しみたい。しかし、観光・レジャー産業は平和でなければ発展しない。コロナ禍が収束すれば、アジアそして世界で観光・レジャー活動は再び発展し、国際交流が活発化するだろう。観光は、人が行き来し、買い物、飲食、宿泊をすることで経済を活性化する。また、観光は国家間の対立を打開し、人々に和解をもたらす。多様な機能を有する観光・レジャーは、ポストコロナの世界で人々の交流と連帯を促進し、アジア地域の振興・発展に貢献するであろう。

第1章 アジアにおける観光の重要性と日本の観光戦略 戸崎 肇
第2章 アジア近隣諸国の観光・レジャー活動の現状と国際交流の活発化 山口有次
第3章 東アジア地域経済統合とワンアジア ド・マン・ホーン
第4章 中国旅行業の発展の特徴と日本旅行 董 光哲
第5章 日本のコンテンツ産業と中国のアニメ配信ビジネス 下島康史
第6章 モンゴルの観光産業の現状と観光振興のための景観保全 シャグダルスレン・ズーナイ
第7章 東アジアの観光流動の特徴とコロナ禍から学ぶ国際観光振興 渡邉康洋
第8章 サービス・エンカウンターとこれからのホスピタリティ・ビジネス 五十嵐元一
目次
第1章 アジアにおける観光の重要性と日本の観光戦略 戸崎 肇
第2章 アジア近隣諸国の観光・レジャー活動の現状と国際交流の活発化 山口有次
第3章 東アジア地域経済統合とワンアジア  ド・マン・ホーン
第4章 中国旅行業の発展の特徴と日本旅行 董 光哲
第5章 日本のコンテンツ産業と中国のアニメ配信ビジネス 下島康史
第6章 モンゴルの観光産業の現状と観光振興のための景観保全 シャグダルスレン・ズーナイ
第7章 東アジアの観光流動の特徴とコロナ禍から学ぶ国際観光振興 渡邉康洋
第8章 サービス・エンカウンターとこれからのホスピタリティ・ビジネス 五十嵐元一
著者略歴(山口 有次)
早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)
桜美林大学ビジネスマネジメント学群教授、学群長
著者略歴(戸崎 肇)
京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)
桜美林大学ビジネスマネジメント学群教授
他の書籍を検索する