『フレスコ画の身体学 ~システィーナ礼拝堂の表象空間 ~ 』の詳細情報

フレスコ画の身体学
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル フレスコ画の身体学
サブタイトル システィーナ礼拝堂の表象空間
著者 [著者区分]■上村清雄 [著・文・その他]
■伊藤博明 [著・文・その他]
■喜多村明里 [著・文・その他]
■石井朗 [著・文・その他]
■足達薫 [著・文・その他]
■金井直 [著・文・その他]
■金山弘昌 [著・文・その他]
出版社 ありな書房 レーベル
本体価格
(予定)
7200円 シリーズ イメージの探検学
ページ数 664p Cコード 0071
発売予定日 2012-12-07 ジャンル 一般/単行本/絵画・彫刻
ISBN 9784756612250 判型 A5
内容紹介
芸術神ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂に描いた壮麗なる絵画的宇宙、すなわち、ルネッタとヴェーラに描かれたキリストの祖先たち、ペンデンティヴに描かれた預言者とシビュラたち、大ペンデンティヴに描かれた旧約聖書の四つの神話、天井に描かれた『創世記』の語る天地創造の九場面、そして、祭壇に描かれた究極の《最後の審判》、これらの雄渾な視覚を凌駕する表象を丹念に読み解き、その内部に込められた創造の秘跡を探検する!
目次
序 章 システィーナ礼拝堂の五〇〇年Ⅰ──《最後の審判》まで 金井直
第1章 〈モーセ伝〉と〈キリスト伝〉 足達薫/喜多村明里
第2章 キリストの祖先たち──ヴェーラとルネッタ 上村清雄/石井朗
第3章 預言者とシビュラ──キリスト教の普遍性と教会の革新をめぐって 伊藤博明
第4章 大ペンデンティヴにおけるミケランジェロの神学理解と造形
──《ダヴィデとゴリアテ》、《ユディットとホロフェルネス》、《ハマンの懲罰》、《青銅の蛇》 喜多村明里
第5章 《アダムの創造》──天井に描かれた『創世記』連作九場面 金山弘昌
第6章 《最後の審判》──ブオン・フレスコ美学と復活のヴィジョン 足達薫
終 章 システィーナ礼拝堂の五〇〇年Ⅱ──見えることと見えないこと 金井直

ミケランジェロの道──あとがきにかえて 上村清雄
人名索引
著者略歴(上村清雄)
上村清雄
千葉大学教授 ミケランジェロとラファエッロ研究の第一人者
著者略歴(伊藤博明)
伊藤博明
ヨーロッパ精神史、ルネサンスおよび中世哲学の第一人者
著者略歴(喜多村明里)
喜多村明里
兵庫教育大学教授 ルネサンスおよびフィレンツェ美術の第一人者
著者略歴(石井朗)
石井朗
表象文化論、意匠文化論、イメージ学、編集構造学
著者略歴(足達薫)
足達薫
弘前大学教授 ルネサンスおよびマニエリスム美術の第一人者
著者略歴(金井直)
金井直
信州大学准教授 ルネサンス、バロック、現代美術の、幅の広い研究者
著者略歴(金山弘昌)
金山弘昌
慶應義塾大学准教授 ルネサンスおよびバロック建築史および美術史の第一人者
他の書籍を検索する