『共有する子育て ~沖縄多良間島のアロマザリングに学ぶ ~ 』の詳細情報

共有する子育て
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 共有する子育て
サブタイトル 沖縄多良間島のアロマザリングに学ぶ
著者 [著者区分]■外山紀子 [著・文・その他]
■宮内洋 [著・文・その他]
■根ケ山光一 [著・文・その他]
出版社 金子書房 レーベル
本体価格
(予定)
2500円 シリーズ
ページ数 200p Cコード 3011
発売予定日 2019-02-12 ジャンル 専門/単行本/心理(学)
ISBN 9784760824243 判型 A5
内容紹介
沖縄に伝わる守姉という子育ての風習を紹介。母親以外による子育てのよさ、個人による個人の世話を越えた相互交流の利点をさぐる。

[執筆者]根ケ山光一・石島このみ・川田学・白石優子・外山紀子・宮内洋・小島康生・近藤清美・山口創・内田伸子・陳省仁・箕浦康子・落合恵美子・金田利子・高田明・今田純雄・無藤隆・住田正樹・高橋惠子

【本書を読むための3つのキーワード】
■アロマザリング(allomothering)
母親以外による子どもの世話。アロ(他の:allo-)という語がマザリング(乳幼児への母親による世話)と結びついたもの。ヒトだけでなく霊長類(オナガザル上科)で多くみられる。

■守姉(ムリ゜アニ,もりあね)
乳幼児の世話をまかされた子どものことで,多くは10歳前後の少女。また守姉による子どもの世話も含めていう。守姉と世話をされる子(守子)は血縁関係(親戚)とはかぎらない。

■多良間島(たらまじま)
宮古島の西方約67キロ,石垣島の北東約35キロに位置する面積19.75平方キロメートルの島。1998年から5年間,合計特殊出生率が全国1位(3.14)となったことでも知られる。
目次
序章 アロマザリングと多良間島 根ケ山光一

1部 アロマザリング――守姉という子育ての役割

1章 守姉行動とはどういうアロマザリングか 根ケ山光一・石島このみ・川田学
 コメント 社会的文脈のなかでの子どもによる乳幼児の世話 箕浦康子
2章 「風習」として受け継がれた子守の形 白石優子・石島このみ・根ケ山光一
 コメント 姉の力 落合恵美子
3章 保育所の設立と守姉:その歴史的関係をさぐる 川田学
 コメント 異質な二つの子育ち支援の視点から 金田利子
4章 大人がいだく子ども像 石島このみ・白石優子・根ケ山光一
 コメント 社会の特徴と子育て 高田明
1部小括 「守姉」からみえたもの 外山紀子

2部 豊かで多様なネットワークのなかにある子どもの育ち

5章 保育所の食事場面にみる子どもと大人 外山紀子
 コメント 子どもの育ちと環境 今田純雄
6章 幼稚園児の生活:降園後の行動を中心に 宮内洋
 コメント 幼稚園児の降園後の生活 無藤隆
7章 就学前の子どもの対人的かかわり 小島康生
 コメント 子どもの対人的関係の形成 住田正樹
8章 幼稚園児と小学生のソーシャルネットワーク 近藤清美・山口創
 コメント ソーシャル・ネットワークをどうとらえるか 高橋惠子
2部小括 点のみのネットワークと面状に広がるネットワーク 宮内洋

3部 離島の子育てを見つめる視点がもたらすもの

9章 社会・経済とアロマザリング 内田伸子
10章 子育て文化とアロマザリング 陳省仁

おわりに 根ケ山光一
著者略歴(外山紀子)
早稲田大学人間科学学術院教授
著者略歴(宮内洋)
群馬県立女子大学文学部教授
著者略歴(根ケ山光一)
早稲田大学人間科学学術院教授
他の書籍を検索する