『不染鉄ノ便リ』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 不染鉄ノ便リ
サブタイトル
著者 [著者区分]不染鉄 [著・文・その他]
出版社 求龍堂 レーベル
本体価格
(予定)
2300円 シリーズ
ページ数 176p Cコード 0071
発売予定日 2018-08-10 ジャンル 一般/単行本/絵画・彫刻
ISBN 9784763018144 判型 A5
内容紹介
本書は書き損じも含め、大切に保管されてきた不染鉄からの絵はがきをまとめたものである。
それらは晩年一人暮らしとなった画家によって、夜更けに、奈良の小さなあばら屋で親しい知人に向けて書かれた。

不染鉄のまなざしは、つつましい暮らしの日常や庭先の自然へ注がれ、やがて画室を越え、かつて暮らした伊豆大島の海辺の日々、幼い頃の思い出にまで届いてゆく。

150通を越える絵はがきに綴られた絵と文章について、「これはあなたを世の中の的として放つ矢なんで個人の通信文ではない」と自身が私信で語ったように、個人への便りの形をとりながらも、人間・不染鉄の人生感がにじむ魂の記録でもあり、不染鉄からすべての人の心に宛てた便りである。
目次
著者略歴(不染鉄)
1891年、東京生まれ。 幼少期は素行の悪さで千葉の漁村の寺に修行に出されたりもするが、20歳前後で両親を亡くす。 絵の道に進むとを決め、1914年、23歳で日本美術院研究会員となる。 制作に邁進するも才能と将来に不安を抱え身を持ち崩し、その頃出会った妻とともに伊豆大島へ渡る。悪天候のなかたどり着いた漁村・岡田村で温かく迎えられ、漁師のまねごとをして3年程暮らす。 美術研精会で《秋声》が佳作に選ばれたのを機に京都へ移住し、京都市立絵画専門学校日本画科予科に入学。 以降、帝展での受賞が続き、1923年、京都市立絵画専門学校本科を首席卒業。上村松篁とは親しく長く交流が続いた。 住まいを奈良へ移し、帝展への出品を中心に制作を続けていたが、1946(昭和21)年、初代理事長が戦後の公職追放にあったため、かわりに奈良県正強中学校の2代目理事長に就任し、その後、校長となる。 退職後、67歳で妻を亡くし、市内の知人の好意で敷地内に小さな家を建て暮らす。 1976(昭和51)年2月28日、84歳で直腸がんのため死去。
他の書籍を検索する