『米中貿易戦争と日本経済の突破口 ~「米中ツキディデスの罠」と「一帯一路」 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 米中貿易戦争と日本経済の突破口
サブタイトル 「米中ツキディデスの罠」と「一帯一路」
著者 [著者区分]朱 建榮 [著・文・その他]
出版社 花伝社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 0036
発売予定日 2019-08-09 ジャンル 一般/単行本/社会
ISBN 9784763408969 判型 46
内容紹介
「一帯一路」構想はアジアに何をもたらすか
――経済から見る、アジア共同体への新しいアプローチ

米中貿易戦争勃発や、グローバルサプライチェーンなどの「地殻変動」、
臨界点を超えた科学技術、第4次産業革命の進展、
世界が「データ」に飲み込まれる時代……

日本経済の活路はどこにあるのか――?
実業界、経済学者が提案する新たな経済のかたち
目次
第1章 激変する世界と日本の針路(島田晴雄・首都大学東京理事長)
第2章 中国経済と米中貿易戦争の行方(津上俊哉・津上工作室 代表/日本国際問題研究所客員研究員)
第3章 世界経済のなかで存在感を高める中国(丸川知雄・東京大学教授)
第4章 拡大する中国のニューエコノミー:イノベーションの力が台頭(金堅敏・富士通総研 主席研究員)
第5章 「一帯一路」構想は何を目指すか(朱炎・拓殖大学教授)
第6章 戦後日本の歩んできた道と「一帯一路」への示唆(李彦銘・東京大学教養学部特任講師)
第7章 中国の新イノベーション都市・深圳――ハイテクベンチャーや社会実験がすごい(牧野義司・メディアオフィス時代刺激人代表・経済ジャーナリスト)
第8章 歴史の大変動にも生き残った長寿企業の経験(野田泰三・株式会社セラリカNODA代表取締役社長)
第9章 日本経済のサバイバルに向けて――発想の転換が必要(叶芳 和・元国民経済研究協会理事長)
第10章 未来からの問いかけ(朱建榮・東洋学園大学教授)
著者略歴(朱 建榮)
1957年、上海生まれ。中国・華東師範大学外国語学部卒、1992年、学習院大学で博士号(政治学)を取得。1986年に来日し、学習院大学・東京大学・早稲田大学などの非常勤講師を経て、1992年、東洋女子短期大学助教授、1996年より東洋学園大学教授となり現在に至る。その間、2002年、米国ジョージ・ワシントン大学(GWU)客員研究員、2007年、英国ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)客員研究員。著書に『毛沢東の朝鮮戦争』(岩波書店 1991年)、『中国2020年への道』(日本放送出版協会 1998年)、『毛沢東のベトナム戦争』(東京大学出版会 2001年)、『中国で尊敬される日本人たち』(中経出版 2010年)、『中国外交 苦難と超克の100年』(PHP出版 2012年)、訳書に、沈志華『最後の「天朝」 毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮』(上下巻、岩波書店 2016年)、呉士存『中国と南沙諸島紛争 問題の起源、経緯と「仲裁裁定」後の展望』(花伝社 2017年)、編著に『世界のパワーシフトとアジア』(花伝社 2017年)など多数。
他の書籍を検索する