『バターは調味料。ほんの少し使うだけでおいしくなる』の詳細情報

バターは調味料。ほんの少し使うだけでおいしくなる
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル バターは調味料。ほんの少し使うだけでおいしくなる
サブタイトル
著者 [著者区分]上田 淳子 [著・文・その他]
出版社 グラフィック社 レーベル
本体価格
(予定)
1500円 シリーズ
ページ数 112p Cコード 2077
発売予定日 2019-10-08 ジャンル 実用/単行本/家事
ISBN 9784766133554 判型 B5
内容紹介
バターは香り、コク、甘み、深みなど、料理をおいしくする成分がたくさん詰まっています。
本場フランスでは、脂という考え方ではなく、もはや調味料。
溶かしたり、焦がしたり、練ったり、ときに固形のまま口の中で溶ける味わいを楽しみます。
醤油や、味噌、ナンプラーなど、和、エスニックとの相性もよく、
白身魚や鶏胸肉、豚ヒレ肉など、脂の少ない、淡白な食材を使った料理に奥行きを出してくれ、
ほんの少し(本書では基本2人分10g程度)のバターを使うだけで、料理がぐんとおいしくなります。
本書ではバター使うだけでおいしくなる調理法と風味豊かなレシピを紹介。
目次
◉はじめに
◉バターは調味料
◉本書のバターの使い方
◉手軽に楽しむバターのレシピ/
◉食べるバター「ブールアロマティゼ」
◉肉とバター
豚もも肉ときのこのバターワイン煮/豚肩ロース肉と玉ねぎのバター蒸し煮/
ポークソテー味噌バターソース/オイスバターソース/鶏むね肉のブールノワゼットなど
◉魚とバター
あさりの焦がしバター蒸し/海老のトマトバター煮/牡蠣のカレームニエル/
ホタテのバターパン粉焼き/いかのアジアンバターソテー/海老のアンチョビバターモンテソースなど)
◉野菜とバター
ほうれん草と玉ねぎのバター煮/バターラタトウイユ/アスパラガスのオランデーズソース/
野菜の熱々ドレッシング/大根のバター煮/プチトマトのバターソテー/かぼちゃのサブジなど
◉卵とバター
エッグベネディクト/クリームココット/トマトスクランブルエッグなど
◉牛乳、粉とバター
マカロニグラタン/野菜のきのこのスフレなど
◉スイーツとバター
レモンカード/クロワッサン オザマンド/サブレ/マドレーヌなど
著者略歴(上田 淳子)
料理研究家。
短期大学卒業後、辻学園調理技術専門学校で学ぶ。卒業後、同校の西洋料理研究職員を経て、渡欧。
スイスのホテルのレストラン、ベッカライ(パン屋)、フランスのミシュランの星つきレストラン、シャルキュトリー(ハム・ソーセージ専門店)などで3年間ほど料理の修行に励む。
帰国後、シェフパティシエを経て、料理研究家として独立。
雑誌やテレビ、でも活躍するほか、双子の男の子の母としての経験を生かした食育などでも活動する。
他の書籍を検索する