『イラストで読むキーワード哲学入門』の詳細情報

イラストで読むキーワード哲学入門
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル イラストで読むキーワード哲学入門
サブタイトル
著者 [著者区分]永野 潤 [著・文・その他]
出版社 白澤社 レーベル
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 0010
発売予定日 2019-04-18 ジャンル 一般/単行本/哲学
ISBN 9784768479759 判型 46
内容紹介
哲学の52のキーワードを取り上げ、そのすべてにイラストをつけたユニークな哲学入門書。解説には、テーマに関連するマンガや映画の話題、ときには本格的な哲学的議論も扱い、イラストはそれ自体が哲学の解説となるよう著者が作製した。イラストが「哲学そのもの」になるように描いたという。「イラストを通じて、哲学への入り口の感覚をつかむ」ことを目指す、哲学への入門書である。巻末には〈応用編〉として、フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトルの著作解説もかねる論文を収録した。
目次
〈入門編〉イラストで読むキーワード哲学入門
1 哲学:哲学/タウマゼイン/エポケー/日常性/アキレスと亀/嘘つきのパラドックス
2 認識:素朴実在論/知覚の因果説/第二性質/無限後退/洞窟の比喩
3 意識:夢の懐疑/水槽の脳/五分前創造仮説/我思うゆえに我あり/現象学
4 身体:心身二元論/機械の中の幽霊/心身問題/二種類の一元論/唯物論/現象的身体
5 自由:機械論と目的論/決定論/リベットの実験/不安と自由のめまい/自己欺瞞
6 自己:数的同一性と質的同一性/テセウスの船/人格の同一性/転送機のパラドックス/反省/対自存在と即自存在
7 他者:他我問題/逆転スペクトル/独我論/類推説と唯物論/哲学的ゾンビ/対他存在
8 演技:演技/実存と本質/チューリング・テスト/イライザ/オリジナルとコピー/規律・訓練/パノプティコン
9 倫理:ジレンマ/功利主義と義務論/創造的思考/障害の社会モデル/患者の自己決定と安楽死/優生学
〈応用編〉怪物と眩暈──サルトルの怪物的ヒューマニズム
著者略歴(永野 潤)
1965年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程単位取得退学。首都大学東京等で非常勤講師。専攻は哲学。
著書に『図解雑学 サルトル』(ナツメ社)、『図説 あらすじでわかる! サルトルの知恵』(青春出版社)、『哲学のモンダイ』(白澤社)。共著書に、「サルトルと女とアンドロイド──両義性のモラルへ/意識・身体・自己欺瞞」(金井淑子編『岩波講座 応用倫理 性/愛』岩波書店)、「サルトル──ストライキは無理くない!」(市野川容孝・渋谷望編『労働と思想』堀之内出版)、「サルトルの知識人論と日本社会──サルトルを乗り越えるということ」(澤田直編『サルトル読本』法政大学出版局)など。
他の書籍を検索する