『リンリのロンリ ~カントと功利主義にいたる六十三の哲学講義 ~ 』の詳細情報

リンリのロンリ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル リンリのロンリ
サブタイトル カントと功利主義にいたる六十三の哲学講義
著者 [著者区分]金子 裕介 [著・文・その他]
出版社 晃洋書房 レーベル
本体価格
(予定)
2900円 シリーズ
ページ数 280p Cコード 3010
発売予定日 2020-10-20 ジャンル 専門/単行本/哲学
ISBN 9784771033870 判型
内容紹介
主観の真実
科学を超えたところで展開される主観の論理としての倫理を追究し、脳科学では到達できない主観の領域から、伝統的、古典的な哲学の意義を示すことを試みる。
目次
第1章 科学を超えて
  第1講 主観 / 第2講 科学と因果 / 第3講 脳科学 / 第4講 知覚 /
  第5講 ダマシオとゲージ / 第6講 意志
第2章 倫理に向けて
  第7講 原因から理由へ / 第8講 論理 / 第9講 目的と手段 /
  第10講 因果関係に対する信念 / 第11講 行為のパースペクティブ
第3章 倫理
  第12講 アンスコムを超えて / 第13講 問いの立て方 / 第14講 状況 / 第15講 倫理の論理
第4章 功利主義
  第16章 快楽主義の原理 / 第17講 功利性の原理 / 第18講 衝突
第5章 ベンサムの思想
  第19講 量的功利主義 / 第20講 量的測定 / 第21講 ベンサムモデル
第6章 功利主義からカントへ
  第22講 ディーラーの場面 / 第23講 信念の糸 / 第24講 カントの方へ /
  第25講 カントの論理 / 第26講 あらたな論理
第7章 道徳法則とその論理
  第27講 上部構造への問い / 第28講 道徳法則 / 第29講 レジュメ /
  第30講 対人的普遍性 / 第31講 格率 / 第32講 消極的解釈
第8章 議論
  第33講 格率を立てる / 第34講 格率を普遍化する / 第35講 形而上学的議論
第9章 カント論理の完成
  第36講 議論のポイント / 第37講 のこりの三定式 / 第38講 人間性 /
  第39講 上部構造・下部構造
第10章 応用と実践
  第40講 エントランスの場面 / 第41講 現場を去って / 第42講 土地所有の格率 /
  第43講 普遍化 / 第44講 形而上学的議論 / 第45講 動機説とはなにか
第11章 自殺
  第46講 自殺について / 第47講 功利主義モデル / 第48講 拮抗 /
  第49講 快楽計算 / 第50講 ベンサムモデルの崩壊
第12章 最大多数の最大幸福
  第51講 ほかの功利主義者 / 第52講 最大多数の最大幸福
第13章 ミル
  第53講 ベネボランス / 第54講 ミルの成功 / 第55講 ミルの論理 / 第56講 ミルの失敗
第14章 内発的功利性
  第57講 功利主義者としてのベンサム / 第58講 コンベンション / 第59講 内発的功利性
第15章 活性化モデル
  第60講 観念連合 / 第61講 活性化モデル
第16章 論理化とその先
  第62講 ヒュームの論理 / 第63講 論理の先にある問い
他の書籍を検索する