『ASEANにおける日系企業のダイナミクス』の詳細情報

ASEANにおける日系企業のダイナミクス
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ASEANにおける日系企業のダイナミクス
サブタイトル
著者 [著者区分]■上田 曜子 [著・文・その他]
■前田 啓一 [著・文・その他]
■塩地 洋 [著・文・その他]
出版社 晃洋書房 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 270p Cコード 3033
発売予定日 2020-10-20 ジャンル 専門/単行本/経済・財政・統計
ISBN 9784771033887 判型 A5
内容紹介
台頭するASEANのプレゼンスに、日系企業はいかに取り組むのか?

発展するASEAN諸国の大企業、中小企業に、日系企業はどのようなインパクトを与えているのか。経済学・経営学をベースに自動車産業、開発経済、中小企業、産業人材、産業政策など幅広いテーマについて、インタビューなど現地の声をもとに分析する。
目次
序章 ASEAN日系企業のダイナミクスを考える
    ―本書の特徴とアプローチ―
第Ⅰ部 ASEANの市場統合と多様なビジネス展開
第1章 ASEANの市場統合とメガFTA
第2章 ASEAN統合の進展と日系自動車企業の生産拠点再編
第3章 ASEANにおける日系企業の自動車ビジネス
第Ⅱ部 進出日系企業の役割と貢献
第4章 日本企業のタイ進出はタイの経済社会に何をもたらしたか
第5章 日本の直接投資と地場企業の成長
―タイ自動車部品産業の事例―
第6章 中小製造業のマレーシア進出と複数国展開
第7章 進出日系企業・日本人技術者との深い絆に基づくベトナムの製造業基盤形成
第Ⅲ部 工業化政策と地場企業の展開
第8章 ASEAN諸国における中小企業振興政策の形成と比較
―工業化と裾野産業を中心に―
第9章 国営企業と裾野産業育成策
―1980~90年代のマレーシアの国民車計画を事例に―
第10章 マレーシアの地場産業
―外資と地場中小企業のリンケージ形成に向けて―
第11章 インドネシアの裾野産業育成と日本の公的支援機関の貢献
第12章 工業化の担い手としてのベトナム民営中小企業
著者略歴(上田 曜子)
同志社大学経済学部教授。
著者略歴(前田 啓一)
大阪商業大学教授
著者略歴(塩地 洋)
鹿児島県立短期大学学長、京都大学名誉教授
他の書籍を検索する