『アンドレ・グリーン・レクチャー ~ウィニコットと遊ぶ ~ 』の詳細情報

アンドレ・グリーン・レクチャー
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アンドレ・グリーン・レクチャー
サブタイトル ウィニコットと遊ぶ
著者 [著者区分]■アンドレ・グリーン [著・文・その他]
■ジャン・アブラム [編集]
■石橋 大樹 [翻訳]
■鈴木 智美 [翻訳]
出版社 金剛出版 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 160p Cコード 3011
発売予定日 2021-05-11 ジャンル 専門/単行本/心理(学)
ISBN 9784772418263 判型 A5
内容紹介
フランスの精神分析家アンドレ・グリーンは,精神分析の理論と実践,文化と文学の精神分析的批判に関する数多くの論文や書籍を執筆し,「デッドマザー・コンプレックス」や「ネガティブの作業」の概念で知られている。

グリーンは,精神科医としてエーに師事し,1960年代初頭のラカンとの運命的出会いと理論的決別を経て,ソシュール,パースの記号学・言語学の仕事を豊かな発想で精神分析理論に昇華させた崇高な分析家であり,1975年から1977年まで,国際精神分析協会の副会長も務めている。フロイト,ラカン,クライン,ビオン,ウィニコットとの理論的な対話を通して現代精神分析に大きな影響を与えたインディペンデントな思索家でもある。

アンドレ・グリーンの五つの講義で構成された本書は,ウィニコットの研究をしているスクウィグル財団においてなされた講義をもとにしたものであり,ウィニコットの理論を現代精神分析における最も重要な概念へとさらに洗練させている。そして,ウィニコットを読むうえでの最良の解説書であるとともに,グリーン自身の難解な理論に関する入門書とも言えるものである。
目次
日本語版に向けての紹介/ジャン・アブラム
編者による緒言/ジャン・アブラム
第一講 精神分析臨床における経験と考えること
第二講 諸対象と主体
第三講 第三性について
第四講 ウィニコットの遺稿:『人間の本性』について
第五講 『遊ぶことと現実』におけるネガティブの直観
他の書籍を検索する