『発達が気になる子への水泳の教え方 ~スモールステップでみるみる泳げる! ~ 』の詳細情報

発達が気になる子への水泳の教え方
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 発達が気になる子への水泳の教え方
サブタイトル スモールステップでみるみる泳げる!
著者 [著者区分]■植田敏郎 [監修]
■酒井泰葉 [著・文・その他]
出版社 合同出版 レーベル
本体価格
(予定)
2200円 シリーズ
ページ数 136p Cコード 0075
発売予定日 2019-07-06 ジャンル 一般/単行本/体育・スポーツ
ISBN 9784772613903 判型 B5
内容紹介
■水泳の教え方のポイントを写真で紹介!
発達障害のある子への泳ぎ方を指導する際のポイントや注意点、
子どもたちが上達する声かけも具体的にアドバイス。

■水慣れから4泳法まで指導メニューが豊富!
水が苦手な子も段階を経て習得できる指導メニューを収録。
発達段階や子どもの特性に応じて遊びや練習メニューを選択できます。

■さあ、いろいろな泳ぎに挑戦!
体に当たる水の流れ、水中で聞こえるポコポコという音、鏡のように反射する水面……
五感をフルに使って、水を存分に楽しむことからはじめます。
スモールステップで、いろいろな泳ぎに挑戦しよう!
目次
もくじ
はじめに
Part1 水慣れの練習
Part2 水の世界を感じる練習
Part3 泳ぎにつなげる練習
付録
あとがきにかえて
著者略歴(植田敏郎)
東京都障害者スポーツ指導者協議会会長
1982年、東京都特別区福祉専門職として杉並区に入庁。その後、25年間、杉並区立重度障害者通所施設で、主に重度脳性麻痺者と重度自閉症者の水泳プログラムを担当する。
公益社団法人東京都障害者スポーツ協会理事、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会/指導者協議会研修部会部会長、東京都障害者水泳連盟理事。
著者略歴(酒井泰葉)
アクアマルシェ代表
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 障害者スポーツ指導員
公益財団法人日本水泳連盟 水泳指導員
東京都出身。大学で心理学を専攻し、スポーツ心理学や障害者心理学、支援方法などを学び、十余年障害者水泳について研究を続けている。
生まれつき体が弱く、体力をつけるためにスイミングスクールに通いはじめたことが水泳との出会い。大学入学と同時に水泳指導員の資格を取得し、スイミングスクールや小学校での水泳指導、障害者水泳指導に携わるようになる。
大学卒業後、障害者福祉の仕事を経て、個別指導型水泳クラブ「アクアマルシェ」を立ち上げる。障害者水泳指導の活動は全国の新聞にも取り上げられ注目をあびる。現在は、毎日水泳指導をする傍ら、障害者水泳の指導者養成講座にも力を注いでいる。
【おもな取得資格】
パラアーティスティックスイミング指導者資格B(旧:障害者シンクロ指導者資格B)
ATRI認定アクアセラピーインストラクター(水中運動の国際資格) ほか多数。
他の書籍を検索する