『アナログの逆襲 ~「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる ~ 』の詳細情報

アナログの逆襲
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル アナログの逆襲
サブタイトル 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる
著者 [著者区分]■デイビッド・サックス [著・文・その他]
■加藤万里子 [翻訳]
出版社 インターシフト レーベル
本体価格
(予定)
2100円 シリーズ
ページ数 400p Cコード 0034
発売予定日 2018-12-07 ジャンル 一般/単行本/経営
ISBN 9784772695626 判型 46
内容紹介
::ポストデジタル経済へ、ビジネスや発想はこう変わる::

なぜいまアナログなモノや発想が、世界中で再注目され、ヒットしているのか?

・新世代  ------ 「リアルなモノや体験」が好き
・GAFA(デジタル有力企業 ) ------ 「アナログな発想や創造性」を重視
・仕事や教育  ------「人間的な共感・コミュニケーション」の再構築

デジタルの先にあるアナログへーー
アナログの隠れた力を明らかにし、大転換の深層を読み解く超話題作!

「テクノロジーのイノベーション・プロセスは、
よいものからよりよいもの、最高のものへと徐々に進化する過程ではない。
私たちが何者で、どのように生きるかを知るための試行錯誤の道のりなのだ」(本書より)

★年間ベストブック、多数!
 ーー『ニューヨーク・タイムズ』年間TOP10ブックスほか

★デジタル界の先導者、ケヴィン・ケリーも激賞!
 ーー「デジタルが進展するほど、アナログはいっそう重要になる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::

はじめに: ポストデジタル経済へ

PART(1): アナログな「モノ」の逆襲
第1章: レコードの逆襲
第2章: 紙の逆襲
第3章: フィルムの逆襲
第4章: ボードゲームの逆襲

PART(2): アナログな「発想」の逆襲
第5章: プリントの逆襲
第6章: リアル店舗の逆襲
第7章: 仕事の逆襲
第8章: 教育の逆襲
第9章: デジタルの先端にあるアナログ

おわりに: 夏の逆襲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: デイビッド・サックス
ジャーナリスト。ビジネスやカルチャー分野を得意とする。
『ブルームバーグビジネスウィーク』『ニューヨーク・タイムズ』『ガーディアン』などに寄稿。

::訳者:: 加藤万里子
翻訳家。訳書はアニー・ジェイコブセン『ペンタゴンの頭脳』、モイセス・ナイム『権力の終焉』、
エレナ・ボテロ&キム・パウエル『最速でトップに駆け上がる人は何が違うのか? 』ほか。
目次
はじめに: ポストデジタル経済へ

PART(1): アナログな「モノ」の逆襲
第1章: レコードの逆襲
第2章: 紙の逆襲
第3章: フィルムの逆襲
第4章: ボードゲームの逆襲

PART(2): アナログな「発想」の逆襲
第5章: プリントの逆襲
第6章: リアル店舗の逆襲
第7章: 仕事の逆襲
第8章: 教育の逆襲
第9章: デジタルの先端にあるアナログ

おわりに: 夏の逆襲
著者略歴(デイビッド・サックス)
ジャーナリスト。ビジネスやカルチャー分野を得意とする。
『ブルームバーグ・ビジネスウィーク』『ニューヨーク・タイムズ』『ガーディアン』などに寄稿。
著者略歴(加藤万里子)
翻訳家。訳書はアニー・ジェイコブセン『ペンタゴンの頭脳』、モイセス・ナイム『権力の終焉』、
エレナ・ボテロ&キム・パウエル『最速でトップに駆け上がる人は何が違うのか? 』ほか。
他の書籍を検索する