『「鬼滅の刃」に学ぶ ~なぜ、コロナ禍の中で大ヒットしたのか ~ 』の詳細情報

「鬼滅の刃」に学ぶ
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 「鬼滅の刃」に学ぶ
サブタイトル なぜ、コロナ禍の中で大ヒットしたのか
著者 [著者区分]一条 真也 [著・文・その他]
出版社 現代書林 レーベル
本体価格
(予定)
900円 シリーズ
ページ数 208p Cコード 0095
発売予定日 2021-01-28 ジャンル 一般/単行本/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784774518916 判型 新書(B40)
内容紹介
博覧強記の哲人経営者として、ネット界で知られる著者が、あの「鬼滅の刃」ブームに切り込んだ渾身の一冊。手塚治虫に物語のルーツを見たどり、さらに「神道」「儒教」「仏教」からの視線で日本人の心の琴線にふれる物語を読み解く。そしてコロナ禍の今、「鬼滅の刃」に隠れされた「先祖」と「祭り」のキーワードが浮かび上がる。かつて広告代理店のマーケティング・プランナーとして活躍し、現在は大手冠婚葬祭会社の社長を務める著者が、社会現象になった大ブームのメカニズムを完全に解き明かす。「鬼滅の刃」論の決定版!!

【目次】
まえがき 経済効果だけでは語れない大ヒットの本質

第1章 「鬼滅の刃」という事件
コミックはこう読んだ
●日本人の心に棲みついた「鬼」
●ルーツは手塚の三作品だった
アニメはこう観た
●描かれる「呼吸」と「痛み」
映画はこう観た
●観終わって浮かんだ疑問
●「夢」が果たす役割
●マネジメントやリーダーシップが学べる
最終巻の衝撃
●結婚をイメージしたハッピーエンド
●「死者」の気配
●高齢者へのメッセージ

第2章 「鬼滅の刃」の練習問題
●二〇二〇年の社会現象
●「鬼滅の刃」の展開
●「鬼滅の刃」の特徴
●アニメ配信がさらにブームを推進

第3章 「鬼滅の刃」が描く魂のルール
「鬼滅の刃」にみる日本人の精神世界
神道 「鬼滅の刃」が描く神の姿と神楽、そして命のつながり
【「神」について】
【ヒノカミ神楽】
【魂と転生】
【世代をこえて】
儒教 物語に息づく八徳?
【仁】 【義】 【礼】 【智】 【忠】 【信】 【孝】 【悌】
仏教 知足、因果応報思想と怨親平等
●死後観・人生観
【地獄】
【三途の川】
●知足
●因果応報
●怨親平等
先祖 混ざり合った日本人の「こころ」
祭り 祈りができなかった日本人
目次
まえがき 経済効果だけでは語れない大ヒットの本質

第1章 「鬼滅の刃」という事件
コミックはこう読んだ
●日本人の心に棲みついた「鬼」
●ルーツは手塚の三作品だった
アニメはこう観た
●描かれる「呼吸」と「痛み」
●アニメのルーツも手塚ワールド
映画はこう観た
●観終わって浮かんだ疑問
●「夢」が果たす役割
●マネジメントやリーダーシップが学べる
最終巻の衝撃
●結婚をイメージしたハッピーエンド
●「死者」の気配
●高齢者へのメッセージ

第2章 「鬼滅の刃」の練習問題
●二〇二〇年の社会現象
●「鬼滅の刃」の展開
●「鬼滅の刃」の特徴
●アニメ配信がさらにブームを推進

第3章 「鬼滅の刃」が描く魂のルール
「鬼滅の刃」にみる日本人の精神世界
神道 ~「鬼滅の刃」が描く神の姿と神楽、そして命のつながり~
【「神」について】
【ヒノカミ神楽】
【魂と転生】
【世代をこえて】
儒教 ~物語に息づく八徳~
【仁】 【義】 【礼】 【智】 【忠】 【信】 【孝】 【悌】
仏教 ~知足、因果応報思想と怨親平等~
●死後観・人生観
【地獄】
【三途の川】
●知足
●因果応報
●怨親平等
先祖 ~混ざり合った日本人の「こころ」
祭り ~祈りができなかった日本人
著者略歴(一条 真也)
1963年、福岡県生まれ。 早稲田大学政経学部卒業。作家。㈱サンレー代表取締役社長。
全国冠婚葬祭互助会連盟(全互連)前会長。一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)副会長。上智大学グリーフケア研究所客員教授。九州国際大学客員教授。平成心学塾主宰。
2012年、第2回「孔子文化賞」受賞。主な著書に、『愛する人を亡くした人へ』『永遠葬』『死を乗り越えるブックガイド』『死を乗り越える映画ガイド』『死を乗り越える名言ガイド』『心ゆたかな社会』(以上、すべて現代書林)など、多数。
他の書籍を検索する