『パトリック・ブロンテ著作全集』の詳細情報

パトリック・ブロンテ著作全集
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル パトリック・ブロンテ著作全集
サブタイトル
著者 [著者区分]■パトリック・ブロンテ [著・文・その他]
■中岡 洋 [著・文・その他]
出版社 彩流社 レーベル
本体価格
(予定)
5000円 シリーズ
ページ数 480p Cコード 0097
発売予定日 2013-01-22 ジャンル 一般/単行本/外国文学小説
ISBN 9784779118586 判型 A5
内容紹介
『ジェーン・エア』も『嵐が丘』もこの父親がいなければ誕生しなかったに違いない!

『ジェーン・エア』のシャーロット、『嵐が丘』のエミリなど、イギリス文学史上に
燦然(さんぜん)と輝き、今も日本中の大学の英文科の学生たちに大人気の
ブロンテ姉妹。
その父親・パトリックは、貧しい家に生まれながらも敬虔に神を信じ、
詩才にも溢れて、子供たちに多大な影響を与えた。娘たちがあまりにも有名だが、
父親の詩や随筆を知ることは、英文学を学ぶうえで意義深いことであり、
ブロンテ姉妹を研究するうえで新たな地平を開くに違いない!

日本中のブロンテ・ファン、ブロンテ研究者に送る、必読書!
ブロンテ姉妹の父親の本邦初訳の傑作集です!
目次
●詩集『草屋詩集』 『田園吟遊詩人』 『森の草屋 あるいは金持ちになる技』  
『キラーニーの乙女 あるいはアルビオンとフローラ』   折々の詩
●随筆『異常現象』 『地震に関連してハワース教会で説かれた説教』 
『時( とき) の徴( しるし)』  『洗礼のもっともよい時期と方法に関する小論』
  『故文学修士ウィリアム・ウェイトマン師のための弔いの説教』
●詳細なパトリック・ブロンテ年譜&解説(芦澤 久江) も充実!!
著者略歴(パトリック・ブロンテ)
パトリック・ブロンテ
Patrick Brontë (17 March 1777 - 7 June 1861)
ブロンテ姉妹の父親。
1777 年、貧しい農家に生まれ、頭脳明晰でケンブリッジ大へ。
牧師として、シャーロット、エミリなどの5人の子供を育てた。
著者略歴(中岡 洋)
中岡 洋
ブロンテ研究の日本における第一人者!
早稲田大学第一文学部英文科卒業。同大学文学研究科英文学専攻博士課程満期退学。
英国Cambridge 大学客員研究員。茨城大学講師、成蹊大学助教授、
教授を経て駒澤大学教授。2004 年定年退職。
元ブロンテ協会会長。主な著書に、『エミリ・ブロンテ論』(国文社)、
『ブロンテ姉妹 その知られざる実像を求めて』(日本放送出版協会)、
『「ジェーン・エア」の作者って、どんな人?』(彩流社)、
訳書に『T・S エリオット詩論集』(共訳、国文社)、『嵐が丘』(共訳、みすず書房)、
『シャーロット・ブロンテ書簡全集』(彩流社)など多数。
他の書籍を検索する