『母語干渉(仮) ~英語学習を妨げるものとはなにか ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 母語干渉(仮)
サブタイトル 英語学習を妨げるものとはなにか
著者 [著者区分]丹羽 卓 [著・文・その他]
出版社 彩流社 レーベル
本体価格
(予定)
3000円 シリーズ
ページ数 256p Cコード 0082
発売予定日 2019-04-09 ジャンル 一般/単行本/英米語
ISBN 9784779125690 判型 A5
内容紹介
日本人にとって英語学習が困難な理由、
それは【母語干渉】が原因のひとつ!

学術書翻訳、英語研究の専門家たちが、
高校教師とタッグを組み、
効率的な英語教育の方法をわかりやすく教えます。

【母語干渉とは】
人は獲得した母語(日本人にとって多くは日本語でしよう)を
手がかりに別の言語(第2言語)を学習していきますが、
母語は話者にとって自然すぎて、母語に対する自覚がないため、
まるで母語の特性が当然であるかのように思え、
別の特性を持った言語の学習時に、
知らず知らずにその特性を持ち込んでしまい、
それが外国語学習の障害になることを指します。
目次
【第1部】

第1章/英語の音

第2章/単語

第3章/「句」というまとまり

第4章/日本語文を英語センテンスにする

第5章/談話のレベル

【第2部】

序章について

英語教育に関する文部科学省の考え

英語教育と異文化理解

2つの目的の関連

国際共通語である英語

日本で教えるべき英語

標準アメリカ英語とは

母語、第1言語、外国語、第2言語

英語人と日本語人

日本語教育の発想を英語教育に

第2章について

単語の意味のズレ

双数

information は不可算名詞?

be 動詞は他の動詞とどう違う

第3章について

句が組み合わさって樹木のようになっている

前置詞句も位置が大切

第1章について

音声と音韻 「良い発音」とは音韻の枠の中
に収めやすい音声をつくること

ネイティヴスピーカー信仰

英語で英語を教える

日本語で英語を教える

I と「愛」

日本語の長い母音と短い母音

ローマ字とアルファベット

ファ行の誕生?

注意すべき異音

音節言語とモーラ言語

韻律

文字にする難しさ

第4章について

文と節

「主語」という言葉は定義が難しい

関係節の中の「ないもの」の存在

「正しい」文とは何か

繋辞(copula) とは何か

現在完了は現在である

日本語らしさを支える文法体系
英語らしさを支える文法体系

「天才は諦めた」とうなぎ文=中間動詞節

言語類型論と英語という言語の相対化

主観的記述の多い日本語

第5章について

ひとまとまりの文章をいかに英語らしく書くか

高コンテキスト(依存)型・
低コンテキスト(依存)型

異文化間語用論
著者略歴(丹羽 卓)
にわ・たかし
金城学院大学教授。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程
後期単位取得満期退学。
文学修士。
著書に
『ケベックを知るための54章』
(共著、明石書店、2009年)。
翻訳に
『ケベックの生成と「新世界」』
(ジェラール・ブシャール著、監修、彩流社、2007年)、
『マルチナショナリズム』
(アラン=G・ガニョン、ラファエル・イアコヴィーノ著、
 監訳、彩流社、2012年)、
『マルチナショナル連邦制』
(アラン=G・ガニョン著、彩流社、2015年)、
『間文化主義(インターカルチュラリズム)』
(ジェラール・ブシャール著、監訳、彩流社、2017年)
等がある。
他の書籍を検索する