『理想の私、最高の子ども(仮) ~遺伝子検査のジレンマ ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 理想の私、最高の子ども(仮)
サブタイトル 遺伝子検査のジレンマ
著者 [著者区分]田口 淳一 [著・文・その他]
出版社 彩流社 レーベル フィギュール彩 Ⅱ
本体価格
(予定)
1800円 シリーズ
ページ数 232p Cコード 0336
発売予定日 2021-04-01 ジャンル 一般/全書・双書/社会
ISBN 9784779171055 判型 46
内容紹介
遺伝子検査とはどういうもので、何がわかって何がわからないのか。
具体的な問いで社会的・倫理的な問題として考えてみよう。
臨床遺伝専門医がやさしく導く。

医療者を介さずネットでも簡単に注文でき、安価になった遺伝子検査。
遺伝性がん遺伝子検査、出生前検査、体質検査等の遺伝子検査が
一般に急速に普及しているが、
受ける人のリテラシーは不十分である場合も多く、混乱したり、
結果を受け止めきれないケースも多い。
一般の人がいだきやすい疑問点や具体的なケースを想定しながら
当事者となった場合の考える力をつける本。
話題は、ゲノム編集、クローン人間、デザイナーベイビーまで!
目次
抜粋
1章  出生前診断、受けますか?
2章  発症前診断、受けますか?
3章  どこでも買える遺伝学的検査
4章  多因子疾患
5章  がんゲノム医療
6章  エピジェネティックス
7章  ゲノム薬理学とHLA検査
8章  全ゲノム検査と常染色体優性遺伝疾患未発症者診断
9章  全ゲノム検査と保因者(キャリア)診断、出生前診断、
    着床前診断に関して
10章 より深くなる遺伝の光と闇:優生思想、ゲノム編集、
    クローン、デザイナーベビー
著者略歴(田口 淳一)
ミッドタウンクリニック院長。
臨床遺伝専門医。東京大学医学部附属病院助手、宮内庁侍従職侍医、
東海大学医学部付属八王子病院循環器内科准教授を経て現職。
日本人間ドック学会 遺伝子検査に関わる検討委員会 委員長、
日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医他。
著訳書等に、
『名医に聞くあきらめないがん治療』
(田口淳一 著、あきらめないがん治療ネットワーク 監修、
 ブックマン社、2014年)、
『遺伝性乳がん・卵巣がんと生きる』
(スー・フリードマン、レベッカ・サトフェン、
 キャシー・ステリゴ 著、田口淳一 監訳、
 青木美保、堀尾留里子 訳、彩流社、2017年)
『再発・転移性乳がんを生きるための100の質問』
(リリー・ショックニー、ゲイリー・シャピロ 著、
 青木美保 編訳、田口淳一 解説、彩流社、2011年)
『オスラーメディカルハンドブック 
 ジョンズ・ホ…
他の書籍を検索する