『ある土地の物語ー中島知久平・ヴォーリズ・レーモンドが見た幻』の詳細情報

ある土地の物語ー中島知久平・ヴォーリズ・レーモンドが見た幻
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ある土地の物語ー中島知久平・ヴォーリズ・レーモンドが見た幻
サブタイトル
著者 [著者区分]樺島 榮一郎 [著・文・その他]
出版社 北樹出版 レーベル
本体価格
(予定)
2500円 シリーズ
ページ数 224p Cコード 1052
発売予定日 2019-03-15 ジャンル 教養/単行本/建築
ISBN 9784779305900 判型 A5
内容紹介
ごくありふれた場所が、突然、歴史の焦点となることがある。幕末の探検家・松浦武四郎、日産財閥重役、中島飛行機創業者・中島知久平、国際基督教大学計画の実現に尽力した人々、ミッショナリー建築家ヴォーリズ、モダニズムの探究者レーモンド。さまざまな人々の幻(Vision)が交錯する三鷹市大沢三丁目の物語を紐解く。後半は、ヴォーリズやレーモンドら歴代の建築家が手がけた建物細部の意匠を、豊富な写真資料とともに解説する。ヴォーリズとレーモンドの知られざるライバル関係など、多くの新発見を明らかにする本書は建築史としても興味深い。
目次
 〈第1部 前 史〉
第1章 はじまりとしての泰山荘
第2章 中島知久平の時代 1940-1945
第3章 国際基督教大学による土地買収 1945-1949
第4章 困難を乗り越える 1948-1951
第5章 二人の建築家


 〈第2部 建 築 編〉
第6章 前期ヴォーリズ時代 1949-1954
第7章 後期ヴォーリズ時代 1954-1958
第8章 志村建築士事務所 1957
第9章 レーモンド時代 1958-1962
第10章 キャンパスの縮小
第11章 稲冨時代Ⅰ 1963-1967
第12章 稲冨時代Ⅱ 1968-1978
第13章 さまざまな建築家 1978-1981

補章 ヴォーリズの手紙-ある名建築家のコミュニケーション
著者略歴(樺島 榮一郎)
1970年静岡県生まれ。1993年国際基督教大学教養学部社会科学科卒業、1997年国際基督教大学大学院行政学研究科博士前期課程修了。2006年東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会情報学専門分野博士課程単位取得満期退学。2015年より青山学院大学地球社会共生学部准教授。専門はメディア論。
他の書籍を検索する