『二葉亭四迷、森鴎外の代表作を読み直す ~近代小説の出発、立身出世主義の時代の失業と恋愛 ~ 』の詳細情報

No Image
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル 二葉亭四迷、森鴎外の代表作を読み直す
サブタイトル 近代小説の出発、立身出世主義の時代の失業と恋愛
著者 [著者区分]小森 陽一 [著・文・その他]
出版社 かもがわ出版 レーベル 読み直し文学講座
本体価格
(予定)
1200円 シリーズ
ページ数 112p Cコード 0395
発売予定日 2020-11-19 ジャンル 一般/全書・双書/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN 9784780311242 判型 A5
内容紹介
日本の近代小説の先駆けとも言える、二葉亭四迷の『浮雲』と森鴎外の『舞姫』を読み返す。それは、明治の立身出世主義時代の失業と恋愛をめぐる物語として始まった。江戸戯作的小説から世界的な近代的小説への進化を探る。
目次
著者略歴(小森 陽一)
1953年東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て東京大学教授。専攻は日本近代文学。2004年6月に結成された「九条の会」事務局長。
他の書籍を検索する