『ジャパニーズ エステティック デンティストリー 2020』の詳細情報

ジャパニーズ エステティック デンティストリー 2020
AmazonカートAmazonで予約する
タイトル ジャパニーズ エステティック デンティストリー 2020
サブタイトル
著者 [著者区分]■Anja Liebermann [著・文・その他]
■Bogna Stawarczyk [著・文・その他]
■Daniel Edelhoff [著・文・その他]
■Jan-Frederik Guth [著・文・その他]
■中村茂人 [著・文・その他]
■中野忠彦 [著・文・その他]
■山﨑長郎 [著・文・その他]
■岩田 淳 [著・文・その他]
■志田和浩 [著・文・その他]
■橋村吾郎 [著・文・その他]
■関 錦二郎 [著・文・その他]
■高橋 健 [著・文・その他]
出版社 クインテッセンス出版 レーベル 別冊QDT
本体価格
(予定)
6400円 シリーズ
ページ数 108p Cコード 3047
発売予定日 2019-12-10 ジャンル 専門/単行本/医学・歯学・薬学
ISBN 9784781207209 判型 A4変形
内容紹介
本誌は、Quintessenz Verlag (ドイツ)発行の「the International Journal of Esthetic Dentistry」の日本版。創刊6年目を迎え、ますます強力な著者陣に執筆を依頼。日本人による、日本人のための繊細な手技と治療結果を世界へ発信していく。また、本年は歯科技工士による単著論文も掲載し、内容の幅を広げている。そして、例年好評の翻訳論文も掲載。歯科医療の目的のひとつである審美性の獲得について特化した、国内随一の定期刊行誌。読者は、最先端審美修復の目撃者となる。
目次
酸蝕症に対するMIアプローチ
包括的歯科治療により審美的、機能的改善が認められた一症例
機能と歯周組織への調和を考慮した全顎的な審美修復
残存支台歯にインプラント支台を混在させたオーバーデンチャーにより審美性・機能性を回復した症例
審美的なボーンアンカードブリッジ
歯科技工士の観点から考える辺縁歯肉のコントロール
ジルコニアとその斬新な組成物:臨床家は何を知っておかねばならないか?
他の書籍を検索する